アトピーの場合どのような基礎化粧品を使えばいいの?

アトピーの女性
アトピー性皮膚炎の場合、使う化粧品にはとくに気を使いますよね。

アトピーは肌のバリア機能が弱くなり乾燥してしまい炎症やかゆみを起こすものです。
もともとアレルギーを起こしやすい体質を持っていることもあります。

赤ちゃんの頃はなりやすく、大人になると治る傾向にある言われ、また良くなったり悪くなったりを繰り返すものといいますよね。

私も赤ちゃんから小学校低学年の頃はひどいアトピーだったのですが、病院に通いステロイド軟膏やベタベタしたワセリンのクリームを何年もぬったりしていました。

その後、薬が効いたのかどうなのか、大人になり体質が変わっていったからか症状は収まり、現在はアトピーではなくなりました。

母がアトピーであり遺伝的なものだったのですが、妹は大人になった今でもアトピーが治らず顔や腕・足の関節部分がかゆくて我慢できずにかいてしまい、痛々しい赤い斑点が多数あります。

妹も30代になりますが今だにかかなりの乾燥肌です。

もちろん病院で薬をもらいに行っていますが、なかなか難しく治すまではいかないようです。

スポンサーリンク

アトピー肌のスキンケア

大人のアトピーは、ストレス・食生活の乱れ・不規則な生活なども関係があると言われていますが、確かに妹の場合も体調がよくない時ほど体がかゆくて仕方がないそうです。

昔は言われていなかったのですが今では「ステロイド」は副作用がありあまりよくないとも言われ、できれば使いたくないと思っている人も多いですよね。

実際は医師の処方を守らなかったり強いステロイドを長期間使っていたりなどということもあり、必ず副作用があるわけではないと思いますが。

そうはいってもできれば薬は使いたくないもの。

そこでアトピーがひどいときにはまずは薬で炎症を抑えから、その後は敏感肌でも使える保湿力があるスキンケア化粧品で肌を健康な状態維持するという方法。

現在はアトピーや敏感肌のための肌にこだわり成分でつくられた化粧品もいくつか出てきています。

化粧水
アトピー肌の人のために作れた化粧水
>>みんなの肌潤ろーしょん体験談へ

トライアルセット内容
敏感肌・乾燥肌の人のための基礎化粧品
>>つつむ体験談へ

アトピーでお悩みの方のための保湿クリーム
>>【ADリッチクリーム】

もちろん化粧品は薬ではないので、アトピーを完全に治すことはできませんが、ステロイドなどの薬をつける回数を減らし肌を少しずつ落ち着かせることができますね。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!