製薬会社開発のスキンケア!ビーケーエイジの本音の体験談 | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

製薬会社開発のスキンケア!ビーケーエイジの本音の体験談

スキンケア

持田製薬という製薬会社が開発したデリケート肌の医薬部外品のスキンケア「B.K.AGE(ビーケーエイジ)」を使ってみました。

B.K.AGE(ビーケーエイジ)とは、どういう意味なんだろうと思っていたら、

・ Bは敏感(びんかん)
・ Kは乾燥
・ AGEはエイジングケア

という意味で、敏感・乾燥・年齢肌ケアの基礎化粧品という意味でした!

30代になってくると、どれも気になる言葉ですよね。

トライアルセットは、化粧水・乳液・クリームの3点セットです。

ビーケーエイジの薬用保湿化粧水

化粧水

ビーケーエイジの化粧水は、「しっとり」と「とてもしっとり」の2種類あります。

トライアルセットには、ミニボトルで「とてもしっとり」が、サンプルパウチで「しっとり」が入っています。

化粧水

少しとろみのある透明の化粧水で、デリケートな肌用でもあるので、香りはまったくなく誰でも使いやすいですね。

浸透はそれほどいいという感じではなく、だんだんにじんわりとなじんでいくタイプの化粧水でした。

しばらくすると、手がピタピタとはりつくようになって、たしかに「とてもしっとり」します!

ビーケーエイジの薬用保湿乳液

乳液

ビーケーエイジのシリーズは、「化粧水 ⇒ 乳液。」または、「化粧水 ⇒ クリーム。」の2ステップになっています。

そのため、使用感の違いで、乳液かクリームを選ぶことができます。

乳液

乳液も、まったく香りがなく優しいつけ心地。

化粧水と同じで、最初は手がピタピタとはりつくように感じますが、伸びがよく乳液なのに保湿力は抜群です!

ただ、他の人のクチコミにもあったのですが、つけてすぐは乳液にしては少しべたつきがあるかな?と感じました。

時間が経つとべたつきはなくなってました。

保湿力はあるので、クリームよりも軽い使用感が好みの人には、化粧水の後はこの乳液ですかね。

ビーケーエイジの薬用保湿クリーム

クリーム

乾燥小じわも目立たなくしてくれる(効能評価試験済)と書かれている保湿クリーム。

クリーム

ビーケーエイジは保湿ケアラインなのでもっと濃いクリームかと思ったのですが、やわらかいクリームで、伸びもよかったです。

思ったよりもべたつきもなく、使いやすいクリーム。

肌がうるおい小じわもピンとなり、しっかり朝まで保湿されていました。

ビーケーエイジは他とどこが違うの?

スキンケア

B.K.AGE(ビーケーエイジ)は、「うるおい」と「肌あれケア」に着目したスキンケアになってます。

うるおい成分

うるおい成分には、保水力の高いセラミド成分「ヒト型セラミド2・植物セラミド・アミノセラミド」の3種類のセラミドを配合。

さらに、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「スクワラン」などの保湿成分も。

肌あれケア成分

肌あれ防止成分として、「トラネキサム酸」が有効成分として配合されています。

そのため薬用と書かれていて、医薬部外品(厚生労働省の許可を得ている有効成分が含まれているもののこと)のスキンケアなんですね。

トラネキサム酸は、美白成分(メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防ぐ)としても知られていますね。

肌にやさしさ

低刺激、無香料、無色素、アルコール(エタノール)無添加、防腐剤無添加などの肌へのやさしさを考えたスキンケア。

肌がストレスや季節の変わり目で敏感になっているときでも使えますね!

まとめ

スキンケア

セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン配合の3種類の保湿成分が入っていて、全体的にとってもしっとり保湿してくれるスキンケアラインでした。

デリケート肌でも使えるということで、香りなどもなくシンプル設計で、保湿力がほしいときに使いたいです。

ただ、美容液はないので、その点では物足りなさはあるかもしれません。

化粧水と乳液、または、化粧水とクリームの2ステップだから、忙しい朝のスキンケアも簡単でした。

また、値段も手ごろなシリーズなので、お財布にもやさしいですね。

>>コラージュB.K.AGE(ビーケーエイジ) トライアルセット

error: Content is protected !!