肌のゴールデンタイム?美肌には睡眠が大切だと言われるワケ!

寝起きの女性
家事や仕事が忙しかったり、ストレスがたまっていると寝つきが悪く睡眠不足になりがちですよね…。

・ ニキビが増える
・ 肌荒れ
・ お化粧ののりが悪い
・ 目の下にくまができてる
・ 肌の色が悪くくすんで見える

眠れないと翌朝、体は重いしだるいし…、肌にも速攻影響がでますよね…。

スポンサーリンク

なぜ睡眠不足だと肌荒れしやすいの?

一見、睡眠と肌荒れの関係って「どこに関係があるの?」って思いますよね。

これには「成長ホルモン」というホルモンが関係しているんです!

寝ている間に成長ホルモンが多く分泌され、細胞を活発化して肌の新しい細胞をつくったり、日中傷ついてしまった細胞を修復してくれます。

成長ホルモンの分泌が多くなるのは寝てから3時間後!

睡眠には浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)があることは知られていますよね。
この2つは交互に90分毎に繰り返されています。

そのため起きるのも浅い眠りの時に起きると起きやすいため、1時間半ごとのレム睡眠のときに起きるとスッキリスムーズな目覚めになると言われています。

1回目の深い眠りのノンレム睡眠のときが一番成長ホルモンの分泌が増えるため、そのとき熟睡していることが大切なんだそうです。

以前は寝る時間も早くそこから計算すると、午後10時から午前2時まではお肌のゴールデンタイムでこの時間に成長ホルモンが分泌されると言われていましたよね。

しかし、現在ではコンビニやスーパーも24時間営業になったり昔よりも寝る時間も遅くなり、必ずしもその時間帯ではなく、寝てから3時間後の深い眠りが大切なんだとか。

寝不足だと成長ホルモンがあまり分泌されず、肌の代謝サイクルも悪くなるため毛穴に古い角質つまってニキビができたり、肌もゴワゴワでくすんだりします。

成長ホルモンの分泌量は体内のサイクルも関係していて、毎日同じ時間に寝るのようにして、睡眠時間も6~7時間くらい寝るのがいいそうですよ。

寝る前の準備

質の良い睡眠には寝る前の準備も大切です。

緊張を和らげ良い眠りにつけるようリラックス!

スマホやパソコンやテレビなどは、ブルーライトによってメラトニンという快眠のホルモンが減ってしまうため、寝る1時間前は控える方が良い眠りにつけると言われています。

私もついつい夜遅くまでブログを書いていたり、スマホで動画をみたりしているので、ほんとは気をつけないといけないんですよね~。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!