セラミドとは?なぜセラミド配合の化粧水や美容液がいいの?

女性が化粧水をつけている

セラミド入りの化粧品は人気で肌にもいいと言われていますがそれはどうしてなんでしょう。

セラミドについて詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

セラミドとは?

肌バリア機能低下

そもそもセラミドは私たちの皮膚内の一番外側の角質層というところにあります。

その中の細胞と細胞の間にある脂質つまり油のようなもの(細胞間脂質)のひとつです。

細胞幹脂質のひとつにセラミドがあり、水分を挟み込んで逃がさないため、水分を保持する力がとても高いんです。

細胞同士をくっつけて、肌の中の水分の蒸発を防いでくれているんですね。

セラミドが減ってしまうとシワになりやすい

しかし、生まれた赤ちゃんの頃がピークでだんだんと年齢とともにセラミドは減っていき、そのため乾燥しやすくなったり、水分量が減るため小ジワの原因にもなります。

またその構造が乱れてくると肌荒れやしやすく外部刺激(ホコリや花粉など)も受けやすいため肌が敏感になりやすく肌トラブルのもとになってしまいます。

セラミドが減ってしまうと、乾燥してシワにもなるし、敏感肌にもなりやすくなってしまうんですね。

セラミドは肌の水分を蓄えること。外部から肌を守るバリア機能にも。重要なんですね!

保湿力が高いセラミド入りの化粧水美容液などで、水分を蓄える機能を補うことにより肌のうるおいがアップし、皮膚を守るバリア機能もサポートしてくれるってことなんですね。

*補足

セラミドはいろいろと研究されています。
中でも「ヒト型セラミド」「ヒト型ナノセラミド」というものがあります。

「ヒト型セラミド」は人間のセラミドに似ている構造のでより肌との相性がよく、さらに「ヒト型ナノセラミド」はナノという小さい粒子なのでより角質層に浸透しやすいと言われています。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!