クレンジングと洗顔の違いって?知ってるようで知らなかったホントの意味

石けんと泡

いつもなにげなくしている、クレンジングと洗顔料での洗顔。

どうしてクレンジングが必要なのか。どうして洗顔が必要なのか。
その違いを聞かれるとちょっとわかりにくいですよね。

そこで、クレンジングと洗顔についての違いをまとめてみました。

スポンサーリンク

クレンジングはどうして必要なのか?

クレンジングは、英語ではcleansingt書かれ、汚れを落とすという意味です。

その最大の目的は、メイクの汚れを落とすこと

そのため、クレンジングするのは、メイクをした日の夜の1回だけでOK。

クレンジングに含まれている油分でメイク汚れを浮かせ、界面活性剤でメイクの油分の汚れと水(お湯)を混ざりやすくさせることによって、汚れを洗い流してくれます。

メイクの汚れは、油分が含まれているため通常の洗顔料での洗顔では落ちにくく、そのためクレンジング料でのメイク落としが必要なんですね。

最近は、クレンジング不要の日焼け止めやBBクリームなどもありますが、一般的には、日焼け止めやBBクリームを使った場合は、クレンジングは必要です。

界面活性剤というと、肌の皮脂を取り過ぎてあまりよくないのでは?と思いますが、通常のメイクをしていれば、クレンジングはどうしても必要になってきてしまいます。

皮脂を落とし過ぎないよう、正しいクレンジングの種類を選び、正しい方法で行うことが大切ですね。

洗顔はどうして必要なのか?

洗顔の最大の目的は、古い角質や余分な皮脂、ほこりなどを落としてあげること。

そのため、洗顔料で洗顔するのはメイクをした日しない日に関わらず、基本は朝夜の2回。

ただし乾燥肌の人は、「肌が乾燥しすぎちゃうよ。」という人は、朝はぬるま湯だけで洗い流すこともありです。

* 以前書いた「朝は洗顔料を使って洗顔はしたほうがいい?」の記事はこちらです。

乾燥肌で、クレンジングと洗顔の2回も顔を洗うと乾燥して困るという人は、ダブル洗顔不要のクレンジングがおすすめです。

その場合は、顔を洗うのは1回でOKで洗顔料での洗顔は必要ありません。

ただ、何も書かれていない一般的なクレンジング料を使った場合は、クレンジングの後は必ず洗顔をしましょう。

洗顔をしないとクレンジング料の油分が肌に残ってしまい、かえってニキビやくすみの原因になってしまうことにも。

まとめ

クレンジングは、メイクの汚れを落とすこと。

洗顔は、余分な皮脂、毛穴の汚れ、古い角質(垢 あか)、ほこり、花粉などの汚れを落とし肌を清潔にすること。

という違いが、(一般的には)あるんですね。

今はクレンジング料や洗顔料もいろいろな種類がありすぎて、迷ってしまうくらいです。

どれを選ぶかも大切ですが、クレンジングや洗顔は、ゴシゴシこすってしまうと摩擦で肌を気を付けてしまうので、正しい洗い方も大切ですね。

* 以前書いた「正しいクレンジングやメイク落としのやり方まとめ」の記事はこちらです。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!