おでこや鼻だけテカる!混合肌のよくある悩みとおすすめスキンケア

洗顔をする女性
皮脂が多い部分と乾燥している部分が両方ある肌質を混合肌(こんごうはだ)と言われていますよね。

私もまさにこの混合肌です。

この混合肌、私はただ単純に皮脂が多くてテカるし乾燥もする2つの肌質が合わさったものだと思っていました。

しかし、調べたり美容の本などをいくつか読んでみると、それぞれ意味合いがちょっと違うみたいで、その見解もちょっとずつ違うので、正直違いがよくわかりませんでした。

額や小鼻のTゾーンと呼ばれる部分がテカりやすく、目元や頬や口周りなどは乾燥しやすい。のが混合肌。

顔は基本的におでこや鼻は皮脂が出やすい部分で頬は乾燥しやすい部分なので、混合肌という肌質はないとも言われているようですね。

肌質を見るときは頬などの部分を見るので、混合肌はケアに迷ったら乾燥肌と同じケアで。

私も、おでこや鼻はあぶらとり紙がないとメイク直しはできません。
そのくせ、冬は頬が乾燥しているという困った肌質でもありますよね。

混合肌さんの肌の悩みと対策

鼻の毛穴の黒ずみが目立つ

やっぱり皮脂の量が多い鼻は、毛穴の黒ずみになりやすいので気になりますよね。

普段から洗浄力が強いクレンジングを使ってたり、保湿をきちんとしてなくてもなりやすいんだそうです。

皮脂の分泌が多い小鼻の部分はとくに、皮脂やメイク汚れや古い角質の汚れが混ざって、油の塊のような「角栓(かくせん)」が浮き出てきます。

これが毛穴の黒っぽくつまった状態に見えてしまう原因だとか。

にゅるとした角栓ってとりたくなってしまいますよね。
でも手で無理やり押し出すと、余計に毛穴がぽっかりと目立ってしまいやっかいです。

古い角質やメイク汚れなどためないように、メイクをしたらクレンジングできちんと落としてあげるのがやはり大切なんですね。

クレンジング
毛穴の黒ずみに以前使ってみたのが、あったかくなるホットクレンジング「マナラホットクレンジングゲル」です。

ジェルが温かくなり毛穴を開かせて汚れをからめ取ってくれるメイク落とし。

メイクも皮脂汚れもすっきり洗い流せるのに、洗い上がりもつっぱらず、気持ち良い洗い心地のジェルでした。

実際にマナラホットクレンジングゲルを使ってみた記事はこちらです。

顔以外にも背中や胸にニキビができやすい

皮脂が詰まってしまうと、顔にもニキビができやすいのですが、実は体にもニキビはできるんです。

混合肌は、背中や胸元にもニキビができやすいタイプなんだそうです。

私も背中にニキビができるなんて知らなかったので、病院に行ったことがあります。
「あっ!これ背中にできるニキビだよ。」と皮膚科の先生に言われてびっくり!

背中を触るとなんか手に当たるな?ポツポツと赤いものができていたらニキビの可能性大です!

背中ニキビの原因は、
・  乾燥によって、過剰に皮脂の分泌されニキビになりやすくなること。
・  服の摩擦やごしごしタオルで洗いすぎ。
・  ホルモンバランスの乱れ。

なども影響しているそうです。

実は背中も皮脂の分泌も多いらしく、背中ニキビには皮脂汚れをためないことや保湿が大切なんだそうです。

背中にニキビがポチッとできると服がすれてあたって結構痛いです。
いや~ニキビは顔だけでなく背中も気をつけないとですね。

ケアの方法がわからない

洗顔する女性
混合肌は、皮脂の多い肌の部分・乾燥肌の部分の両方があり、ニキビもできるしどちらに合わせてケアしたらいいのかわからない!

こう思っている人って意外に多いんではないでしょうか。
私も迷ってました。

これって難しいですよね。

ポイントは、皮脂が多いTゾーンはさらっとしたつけ心地の乳液などまでにして、乾燥している部分は保湿クリームなどでしっかり保湿。

と、つかい分けてあげることが大切なんだそうです。

どちらかよくわからないという時は、乾燥している部分と同じ保湿ケアに合わせてあげるといいそうです。

混合肌の場合、さっぱりしすぎず、べたついたりもせず、でも保湿もきちんとしたいというスキンケアがいいですよね。

混合肌さんのおすすめ基礎化粧品はこちらです。

まとめ

オイリーな部分もあるし乾燥している部分もあるし。とケアが難しいのが混合肌ですよね。

おでこや鼻の部分の皮脂の多い場所と、目元や口元、頬の乾燥しやすい場所とでは保湿クリームの量を調整したりして、顔の場所ごとに少しケア方法を変えてあげるのがマル。

洗顔はしっかりしつつ、目元や口元、頬は乾燥しやすくシワもできやすいので保湿は十分にしてあげるといいんですね。

error: Content is protected !!