肌のラメラ構造に着目!保湿オールインワン美容液のコンシダーマル体験談 | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

肌のラメラ構造に着目!保湿オールインワン美容液のコンシダーマル体験談

化粧品
疲れたな~。忙しいな~。

というとき便利なのが、洗顔後1本でいいオールインワンのスキンケアですよね。

肌のキメに重要な「ラメラ構造」を整えてくれるオールインワン化粧品「Considermal(コンシダーマル)のスキンライズローション」を使ってみました。

* 2017年よりリ商品ニューアルされました。レビューは旧商品のものになります。(2017.1 補足)

肌のラメラ構造とは?

肌のキメ
キメが整っているときれいな肌って言われますよね。

肌のキメとは、皮膚の一番外側の角質層が整っていることで、肌内部の「ラメラ構造」が重要なんだそうです。

肌の内部は、何層にも水分と油分が重なっている状態。

その層が規則正しく整っていることによって、水分の蒸発を防いだり、紫外線から肌を守ったりしてくれています。

ラメラ構造が乱れてしまうと、肌の水分も外に逃げてしまいカサカサ乾燥したり、紫外線の影響も受けやすくなるので、シミやしわなどの原因にもなったり。

コンシダーマルは、世界初、独自技術の100%ラメラ(化粧品で肌と同じラメラ構造にすることに成功した技術)。

成分を角質層へ浸透させバリア機能をサポートしてくれる美容液なんですね。

コンシダーマルのオールインワン美容液を使ってみました!

美容液
濃いきれいなブルーのボトルが高級感があっていいですよね。

1本80mlで約1ヶ月半もちます。

(2017年にリニューアルされ、現在内容量は50ml約1ヶ月もつように変更されています。あとで詳しくご紹介します。)

しっとりタイプ(Ⅰ)とさっぱりタイプ(Ⅱ)の2種類ありますが、今回はしっとりタイプを使ってみます。

美容液
透明のキャップを外すと、ノズルがでてきます。

ポンプ式なので衛生的!
使い方は、洗顔したあとに、3~4プッシュして顔全体になじませます。

コンシダーマルのオールインワン美容液
プッシュしてみると、乳白色のとろっとした水分が多めのローションタイプ。

香りは無香料なのでありません。

美容液
つけてみると、あっというまに伸びて肌になじんでいき、すぐにさらっとした肌触りになりました。

保湿系のオールインワンは、クリームのようなこってりしたものが多いのですが、コンシダーマルのオールインワンはさらっと系でした。

べたつきが苦手な人や混合肌の人、夏にもつけやすいタイプのオールインワンスキンケアですね。

1本で、導入液、化粧水、乳液、クリーム、パックの6役も果たしてくれます。

どんな成分が入っているの?

化粧品成分
保湿成分には、肌になじみの良いヒト型セラミド、スクワラン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されています。

その他、美容成分も30種類も!

パラベンやアルコールは不使用です。

補足 2017年にリニューアル!どこが変わったの?

2017年にコンシダーマルのオールインワンがリニューアルされました。

以前と違いは、
・ 内容量 50ml 約1ヶ月分に。

◎ うるおい美容成分が以前よりもアップ。
◎ エイジングケア成分の「マリンプラセンタ・発酵プラセンタ」2つのプラセンタを新配合。
◎ ノーベル賞受賞成分「EGF(上皮成長因子)」を新配合。

以前よりも、内容量が少し減りその分1本の価格も安くなってました。
そして、中身は保湿成分とエイジングケア成分がパワーアップ。

初回キャンペーン中です。

>>オールインワンなら【Considermal(コンシダーマル)】

error: Content is protected !!