目の下が黒っぽくなるクマにも3つの種類があった!その原因と解決法

目の下のクマで悩む女性
朝、鏡をみてびっくり!目の下に黒っぽい影が!!
寝不足や疲れてくるとすぐに「クマ」はでてしまいますよね。

暗~い印象に見えるし、プラス5歳くらい老けて見えるし、どうにか消したい!

クマは睡眠不足からくるものだけだと思っていたのですが、実はその他にも原因があったんです。

クマの3つの原因と解決法

目の下のクマには、じつは3つの種類があります。
寝不足による原因だけではないんですね。

◎ 「青くま」…睡眠不足、血行不良によるクマ

◎ 「茶くま」…目のこすり過ぎ、色素沈着によるクマ

◎ 「黒くま」…加齢により目元のハリがなくなることによるクマ

青黒いくま

青いクマ
目の下を少し伸ばしてみて、色が薄くなるなら「青ぐま」です。

主な原因は、睡眠不足・パソコンやスマホなどのし過ぎなどで血行が悪くなっているため起こります。

目元はもともと皮膚が薄いため、血行が悪いと青っぽくみえこれが青ぐまに!
肌の色が白い人の方が目立ちやすいです。

改善方法は、血流をよくすること。

目の下にそって、指でかる~く抑えながらマッサージしたり、ホットタオルを目にあてて温めたりすることで、目の周りの血行をよくしてあげましょう。

茶色ぽいくま

黄色くま
目の下を少し伸ばしてみて、色が薄くならず変わらないときは「茶くま」の可能性があります。

原因は、紫外線によるシミ・くすみによるものや目をこすったりして色素沈着によりできてしまったものです。

原因の中でとくにしてしまいがちなのが、アイメイクを落とすときにゴシゴシこすり過ぎによるもの。

目をこすることで摩擦が起き、肌を守ろうとして皮膚はメラニンを作り出します。
メラニンといえばシミのもととなってしまうものですよね。

それが集まってできたのがこの茶色のクマなんです。

メイクを落とすときは、ゴシゴシこすらずやさしくクレンジングで落としをしましょう。

改善方法は、茶くまはメラニンによる色素沈着が原因なので、美白化粧品によるケアが有効。

また、サングラスをかけたり日焼け止めをきちんとつけたり、紫外線対策も必要ですね!

黒っぽいくま

くま
上を向いて、鏡をみると目の下の影が薄くなる場合は「黒くま」の可能性があります。

原因は、乾燥や年齢によるもの

肌のハリに必要なコラーゲンが年とともに少なくなって、支えられなくなり、目の下のたるみによって影になり、それが黒っぽくくまのように見えてしまうんです。

ケア方法は、乾燥を防ぐ保湿。
そして、肌にハリを与えてくれるコラーゲンなどの生成をサポートする成分を配合した化粧品なども有効的。

コラーゲンの働きをサポートしてくれる成分には、ビタミンC誘導体やレチノール(ビタミンA)などがあります。

ひとつアイクリームや目元用の美容液を選ぶとき注意したいのは、レチノール配合のものです。

レチノールは、肌の弱い人には少し刺激が強いことがあるかもしれないので、少しずつ試しながら使って肌に合うか確かめながら使用するのがいいですね。

まとめ

鏡を見る女性
目の下にできる「くま」も詳しく見てみると違いがありちょっとびっくりしました。

これから年齢を重ねてくると、疲れから出ていたクマが、だんだんとたるみによる「黒くま」に移行していくかと思うとちょっと怖いです…。

目元は人から見られたり年齢の出やすい場所でもあるので、早めのケアが大切ですね。

error: Content is protected !!