あなたはどの肌タイプ?肌質の改善方法のポイントを知りたい! | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

あなたはどの肌タイプ?肌質の改善方法のポイントを知りたい!

鏡を見る女性
肌のタイプっていくつか種類がありますよね。
自分の肌タイプってどれなのか見てみましょう。

これらの肌質をみるのに化粧品カウンターやサロンでもしてくれるところはありますが、自分で見るときは洗顔後しばらくしたすっぴんの素肌状態はどうなのかを見るといいそうですよ!

スポンサーリンク

肌質別のケア方法のポイント

普通肌さん

女性洗顔
水分が高く、皮脂(ひし)の量は少ない。
バランスのとれた理想の肌。

洗顔後は、カサカサせず適度な皮脂がある状態。

保湿力もあり肌のきめも整っている普通肌さんは、このままのお手入れを続けていきましょう。

脂性肌(オイリースキン)さん

ニキビ女性
水分が高く、皮脂の量も多い。
油っぽくニキビができやすい。

洗顔後、しばらくするとべたべたとしてくる。

全体的に油っぽく皮脂が多いので、毛穴が開きやすくニキビもできやすい状態。

朝の洗顔はぬるま湯や水で洗い流すだけでなく、きちんと洗顔料を使って顔を洗い、肌を清潔な状態に保ちましょう。

しかし、1日に何回も洗顔したり、ゴシゴシ洗うのは逆に皮脂を取りすぎてしまい、肌が乾燥していると勘違いしてよけい脂っぽくなってしまうので注意。

洗顔は朝と夜の2回
泡を転がすようにやさしく洗ってあげるのがポイントです。

⇒ 皮脂が多いオイリー肌のスキンケア対策

乾燥性脂性肌(インナードライ)さん

保湿ケアする女の子
水分が少なく、皮脂の量は多い。
乾燥してるところと油っぽいところがある肌。

洗顔後、最初はかさつき、しばらくするとべたついてくる。

皮脂が多く水分が少ないためケアの方法が難しいのがこの肌質。

テカテカしている部分が目立ちオイリー肌だと思い皮脂を取るケアばかりしていると、今度は内部は潤いが足りていないため、乾燥し敏感肌にもなりやすい。

どちらかというと水分を補う保湿ケアの方が大切

インナードライ肌のスキンケア対策

乾燥肌(ドライスキン)さん

肌を保湿する女性
水分が少ない、皮脂の量も少ない。
全体的にカサカサ乾いている肌。

洗顔後、肌がつっぱり感がでたりカサカサしたりする。

肌がつっぱったり、細かい小さなシワができやすく、肌がかさついてかゆくなることもあるのがこのタイプ。

年齢とともに皮脂量が減るため乾燥肌は多くなってきます。

肌が荒れてバリア機能が弱くなっていると敏感肌になりやすい…。

そのためセラミド入りの美容液やクリームなどでバリア機能を守り、十分な保湿ケアを。

乾燥肌のスキンケア対策

肌の水分の量と皮脂の量で分けると、上記の「普通肌、脂性肌(しせいはだ)、乾燥性脂性肌、乾燥肌」の4タイプになります。

そして、水分と皮脂の量以外で分けた時に他に2つの肌質があります。

混合肌(コンビネーションスキン)さん

洗顔する女性
額や小鼻のTゾーンがテカリ、目元や口元や頬はかさつくこのタイプ。

もともと、おでこや鼻は皮脂が多く出る部分なので、みんな混合肌なんだとか。
そのため混合肌という肌質はないとも言われていますね。

とくにおでこのテカリと頬のかさつきの差があるので、私もまさにこの肌質です。

油分の多いクリームは皮脂が多いTゾーンはつけず、かさつくところだけにするなど部分部分でケアをしてあげましょう。

混合肌のよくある悩みとおすすめスキンケア

敏感肌さん

肌トラブル女性
季節の変わり目や体調やストレスなどで敏感になる場合と、もともとアトピーなどアレルギー体質で肌荒れしやすい場合とがあります。

肌のバリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすい状態なので、刺激の少ない敏感肌用の化粧品などや、クリームだけのシンプルなスキンケアを行い、保湿し、バリア機能を回復させましょう。

炎症などひどい場合はなにかのアレルギーかもしれないので、病院で診てもらいましょう。

敏感肌の肌悩みとおすすめスキンケア

年齢による肌質の変化

若いころは成長期のホルモンによって脂性肌になりやすく、皮脂の分泌も活発になりニキビができやすいですよね。

しかし、20代も半ばになると肌の水分が減ってきます。

30代40代になると、さらに水分量が減り、皮脂量も減り始め乾燥肌に傾いていきます。

私も20代前半はニキビも多く脂性肌だったのですが、30代になりだんだん混合肌+乾燥肌へと年齢とともに水分の量が少なくなり肌質も変わってきました。

肌質は、食事や年齢やストレスなどの生活環境でも変わってくるので、きちんと肌質に合ったスキンケアしてるかが大切なんですね!

関連記事
>>自分の肌質がわからない!どうやって判断すればいいかチェック方法を教えて

スポンサーリンク
error: Content is protected !!