化粧水の前にプラスするハニープラセンタ美容液!私のリアル体験談 | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

化粧水の前にプラスするハニープラセンタ美容液!私のリアル体験談

美容液
パッケージもかわいく、以前から気になっていたメニーナジューの「ハニープラセンタ美容液」。

ハニー(はちみつ)とプラセンタという名前がなんだか、お肌を保湿して、ふっくらやわらかキメの整った肌にしてくれそうなイメージですよね。

白斑(はくはん)・しみ・肝斑(かんぱん)・エイジング対策用の美容液、ハニープラセンタを使ってみたのでご紹介します。

ハニープラセンタ美容液を使ってみました!

美容液
容器はビンなので高級感があり、ドレッサーに並べて置いておくにもかわいいです。

美容液
黒い部分がゴムになっていてスポイト式で、量の調節もしやすいです。

直接、容器に手や指が触れることがないので衛生面でもいいですね。

1回分は500円玉大くらい取ります。

美容液
手に取ってみると、無色透明、臭いもなく、とろみもほとんどありません。
なんかお水のような感じの美容液で、最初大丈夫かなと不安でした(笑)

美容液
伸ばしてみると、どんどん肌になじんですぐにさらっとした肌触りになり、あれもうなくなっちゃたの?というくらいあっという間に浸透していってしまいました。

全くべたつきがないので、夏の乾燥肌にもいいし、脂性肌(オイリー肌)や混合肌の人にも向いている美容液ですね。

さらっとしているので、少し物足りないと感じる人もいるようですが、それはハニープラセンタ美容液の使い方にあるのかもしれません。

ハニープラセンタ美容液はどうやって使うの?

化粧水の前に使う

美容液使い方
ハニープラセンタ美容液は、洗顔後すぐに使い、洗いたてのきれいな肌に美容成分を届ける導入浸透美容液として使います。

化粧水の後につける保湿美容液は、とろみがあったりオイルっぽいものが多く油膜をつくって保湿してくれますよね。

化粧水の前につけるハニープラセンタ美容液などは、美容成分を肌に届けることが目的なので角質層まで浸透しやすかったり、さらっとして肌になじみやすいものが多いです。

そのため、これ1本だけだと保湿が物足りないと感じるのかもしれませんので、そのあとのクリームなどで保湿をしてあげるのがいいですね。

コットンパックにもおすすめ

コットンパック女性
コットンにハニープラセンタ美容液をしめらせてパックもできると書かれていたので、ちょっともったいないかなと思ったのですがお風呂上りに試してみました。

美容液節約のため(笑)コットンを水で湿らせてよくしぼってから、ハニープラセンタ美容液をヒタヒタになるようにしめらせます。

その後、コットン1枚につき3~4枚くらいにさいて(顔全体にパックする場合はコットン2枚くらい必要)、顔にはりパックします。

そして3分くらいそのまま待ちます。

さらっとしているのでコットンパック向きの美容液で、本当にしっとりもっちりとした肌になりました!

ハニープラセンタ美容液のこだわり成分

美容液の成分

はちみつ

はちみつは、パックなどにも使われ昔から美容成分としてよく知られていますよね。

保湿力が高い成分で、他にも殺菌作用、抗菌作用、炎症を抑える作用などがあり、乾燥肌や肌荒れ対策にも。

ハチの子エキス

ハニープラセンタ美容液には、はちみつだけじゃなくハチの子エキスも入っています。

ハチの子エキスの「成長因子(細胞を活性化させるタンパク質の一種)」はローヤルゼリーのなんと300倍!

肌のハリ・弾力を改善ができる成分です。

出雲の温泉水

出雲風土記にも登場し、昔から親しまれている島根県の出雲の温泉。

肌もしっとり薬湯としても知られていている温泉水を使用しているそうです。

さらっとしていて、浸透が良いという口コミが多く、シミ、目のまわりのシワ、ほうれい線のシワの改善などもあったなどの声も書かれていて、いろいろな肌悩みに答えてくれそうな美容液です。

定期ケアコースと単品購入の2種類

指と女性
ハニープラセンタ美容液を使ってみたいけど、初めてだと心配ですよね。

ハニープラセンタ美容液は、定期ケアコースと単品購入(通常購入)の2種類あります。

効果を実感できるには少し時間もかかるので、定期ケアコースの場合最低4回以上の継続となっていたり、180日間以内の返金保証もあるので、公式サイトで詳細をよく読んでから購入した方がいいですね。

公式サイト
>>ハニープラセンタ美容液

error: Content is protected !!