あごや口の周りにできる吹き出物・大人ニキビの原因と対策方法を教えて

手鏡をもつ女性
10代や20代はおでこや鼻にニキビができやすく、30代になると今度はあごの周りによくできやすくなりますよね。

これがよく言われる「大人ニキビ」。

あごや口の周りに吹き出物ができると、なんとなく体調が悪いのかな。生理になるのかな。など体からのサインと思ったりしています。

あごや口の周りにできる吹き出物・大人ニキビはどんな原因があるのでしょうか。

スポンサーリンク

あごニキビの原因と対策

炎症を起こしているニキビ
あごのニキビの原因は、

・ ストレスや疲れ
・ 食生活の乱れ
・ 睡眠不足
・ 鉄分不足
・ ホルモンバランスの乱れ
・ 肌の水分不足による乾燥

上のような原因から肌のターンオーバー(肌の皮脂細胞が古いものが排出され新しく生まれ変わるサイクルのこと)が乱れ、毛穴に皮脂が詰まってしまい、中で炎症を起こしニキビになってしまうといわれていますよね。

生活習慣の乱れ

疲れている女性
ストレスや疲れから皮脂の分泌が増え、ニキビはできやすくなります。

また、睡眠時間が少ないと、日中に紫外線などでダメージを受けた肌の再生を助けたりする成長ホルモンの分泌が少なくなるので、肌荒れしやすくなるとも。

ついつい夜、映画とかドラマを見始めるとやめられなくて寝るのが2時になってしまった!ってことがありますが、やっぱり夜は早く寝るように努力しないとですね。

睡眠時間の理想は、6~7時間。

寝る前は、少し明かりを落として体も寝る準備をすると、ぐっすり眠ることができ疲れもとれ良い睡眠がとれるそうです。

食事面のニキビ予防には、ビタミンや鉄分。
にんじん・かぼちゃ・レバーなどがいいそうです。

にんじんは、野菜炒めやスープになど調理しやすいし毎日とれる食材なのですが、カボチャやレバーはあんまりとってないかもな~。

逆に、気をつけなければいけない食べ物は、皮脂の分泌を促してしまう、コーヒーなどのカフェイン、チョコレートなどの甘いもの、スナック菓子などの脂っぽいもの。

ニキビができやすくなるとはいえ、私もどれも好きなものばかり(笑)
食べ過ぎには注意しないとですね。

ホルモンバランスの乱れ

あごに手を女性
生理前は、「黄体(おうたい)ホルモン(プロゲステロン)」という女性ホルモンの分泌が増え、それにつれて皮脂の分泌も多くなります。

そのため、ニキビもできやすくなり、肌荒れもしやすい時期なんだそうです。

このときは、イライラしやすく体調も変化しやすいので、なるべくリラックスすることが大切。

この時期は肌トラブルも起こしやすいので、新しい化粧品を試すのはやめておきましょう。

私が先日できたあごニキビは、どうやら生理前でホルモンバランスが乱れたためだったようです。

肌の乾燥

ニキビ女性
ニキビは、テカテカ脂っぽいとできる気がして、乾燥と真逆のように思いますよね。

しかし、30代頃にできるあごのニキビは乾燥によるものということもあるんだそうです。

もともとあごや口周りは肌が乾燥しやすい部分。

混合肌もおでこや鼻はオイリーなのに、あごや頬は乾燥しやすい肌質のことですよね。

肌が乾燥していると、肌を守るためかえって皮脂をたくさん出しなさいとセンサーが命令を出してしまうそうです。

乾燥により肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌し、ニキビをつくるアクネ菌がその皮脂を栄養に増殖するために大人ニキビができやすくなってしまいます。

そのため、大人ニキビの場合、洗顔で皮脂汚れを落としアクネ菌の増殖を抑えるのはもちろんですが、その後の保湿も重要。

油分の少なく保湿力のある美容液やジェル・クリームなどで、しっかりケアしてあげるのもいいですね。

あごのニキビ・吹き出物ケアのオールインワンジェルを使ってみた記事はこちらです。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!