化粧水は安いものをたっぷりバシャバシャつける方がいいの? | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

化粧水は安いものをたっぷりバシャバシャつける方がいいの?

化粧水をつける
テレビのCMでも化粧水をたっぷりと水しぶきが飛ぶくらいバシャバシャつけているのを見たことがあります。

すごく潤ってそうでやってみたい!って思いますよね!

でも実際それをするには化粧水がもったいなくてできません(笑)

よく「化粧水は安いものをたくさんつけた方がいい」と言われることがありますが、化粧水は洗顔後の「清涼感・肌を整えること・そのあとの美容液など浸透しやすくする」のが目的。

安いものをバシャバシャつけてもそれほど意味はないそうです。

保湿力が十分ではないので潤ってそうと思ってもすぐに蒸発してしまい、そのあとの乳液やクリームなどで保湿しないといけないんですね。

スポンサーリンク

化粧水は適量をつける

使い方に書いてある適量分があればばたくさんは必要ないです。
でも適量ってどれくらい?と気になりますよね。

いろいろ化粧水を見てみると「適量」もメーカーやその化粧水によって違います。

化粧水にもとろみがあったりするものと、さらっとしているものもあるので、1回分の適量がそれぞれ違い、使い方を見るのが一番いいのです。

1回の使用量として、500円玉大くらいって書かれていることが多いでしょうか。

それくらいを目安に使うのがいいですね。

化粧水は手で包み込んでつける

また、化粧水をよく染み込ませようと顔をパタパタとたたいてつけるのも、昔はテレビドラマなのでよく見かけましたが、肌の刺激になりよくないと言われていてます。

今は肌をじんわり包み込むように抑えてあげる「ハンドプッシュ」という方法が説明書などに書かれています。

化粧水は適量を手のひらにとり顔全体にやさしく包み込みおさえるようにつけるのがポイントですね!

* 関連記事

2,000円以下で買えるコスパの良い化粧水!30代混合肌のしっとり化粧水3選

スポンサーリンク
error: Content is protected !!