30代の保湿オールインワンジェル!洗顔後は1本の時短スキンケア

化粧品
今まであまりスキンケアに気を使ってこなかったけど、基礎化粧品を全部そろえるのは価格的にも高いしちょっとな…。

洗顔後に化粧水・乳液・美容液・クリームなどつけて…、とスキンケアがちょっと面倒だなって思うこともありますよね。

そんなときに便利なのが、化粧水・乳液・美容液・クリームなどのスキンケア成分がまとめてできるオールインワン化粧品ですよね。

最近ますます各メーカーからオールインワンのスキンケア新商品が多くなっていて、今後もその種類は増えていきそうな予感。

保湿、美白、エイジングケアなど種類がありますが、今回30代向けの人気おすすめ保湿オールインワンゲル(ジェル)をまとめてみました。

30代の保湿オールインワンジェルを選ぶ時のポイントは?

保湿成分配合

透明な球体
肌に大敵なのがやはり乾燥ですよね。

年齢とともに乾燥もしやすくなり、その乾燥によって毛穴が開いたり、目元や口元の小じわができやすくなってしまうんですよね…。

オールインワンジェルを選ぶときも「セラミド・スクワラン・ヒアルロン酸」などの保湿成分がきちんと入っているものを選ぶのがおすすめです。

美容成分

化粧品をつける女性
30代になってくると「保湿」だけではやはり物足りない気がします。

肌にハリを与えてくれる成分などのエイジングケア(年齢に応じた肌ケア)の成分もあった方がいいですよね。

美容成分なども入っているかも選ぶときのポイントになりますね。

どんな役割があるのか確認する

チェックリスト
オールインワンタイプの化粧品の中にも、化粧水・美容液・乳液・クリームの基本のスキンケア。

さらにパック・マッサージクリーム、化粧下地など役割を果たしてくれるものまであります。

化粧下地まで?というとお化粧の前に使うものだから、夜は使わない方がいいの?と思ってしまいますが、「肌を整えるということ」なので夜もOK。

中には、洗顔後、化粧水は別につけてから使うタイプのオールインワンもあるので、1本でどんな役割があるのかも気を付けてみて見るといいですね。

化粧水・美容液・乳液・クリームが1本の30代の保湿オールインワンジェル

バランシングゲル

◎ Natural Elements(ナチュラルエレメンツ)
容量:150g
価格:5,000円
使用期間の目安:約2ヶ月分

役割:化粧水・美容液・乳液・クリームの1本4役

保湿成分:肌の水分をたくわえてくれる重要なセラミドが「セラミド1、3、6II」と3種類も配合。

ハリ・美容成分:肌にハリに必要なコラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートしてくれる注目の成分「プロテオグリカン」。
さらに、たんぱく質と糖が結びつくことで起こる老化の原因の「糖化」にも着眼した成分もしっかり配合。

初回情報:初回価格は3,725円(税込)。
5回分のサンプル付きなので、サンプルを使ってみて肌に合わない時は、本品未開封の場合は返金してくれます。

>>【バランシングゲル】

実際にバランシングゲルを使ってみた記事はこちらです。

メディプラスゲル

メディプラスゲル保湿

◎ メディプラス
容量:180g
価格:3,700円
使用期間の目安:約2ヶ月分

役割:化粧水・美容液・乳液・クリームの1本4役

保湿成分:「スクワラン、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、プラセンタ、アミノ酸」など配合。

ハリ・美容成分:美肌の温泉とも言われる島根県にある玉造(たまつくり)温泉の温泉水を使用。
肌のハリや弾力に必要な「3種類のコラーゲン、2種類のヒアルロン酸」も配合した、66種類の美容成分が1本にギュッと凝縮されたジェルです。

初回情報:初回価格は2,990円(税込)。
肌に合わなかった場合は30日間の全額返金保証あり。

>>メディプラスゲル

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

◎ キレイ・デ・ラボ
容量:150g
価格:4,612円
使用期間の目安:約2ヶ月分

役割:化粧水・乳液・美容液・クリーム・マスクの1本5役

保湿成分:「ハチミツ、プラセンタエキス、馬油、コラーゲン、ヒアルロン酸」など配合。

ハリ・美容成分:品質の高い国産の馬プラセンタエキスが、コラーゲンなどの生成をサポートし気になるシワやたるみケア。
ビタミンC、ポリフェノールなどエイジングケア美容成分「クコ果皮エキス」なども配合。

初回情報:美肌体験コース初回価格は2,980円(税込)。

製薬会社と共同開発したオールインワンジェル。

>>『キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ』

ちふれ うるおい ジェル

◎ ちふれ化粧品
容量:108g
価格:800円

役割:化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地の1つで6役

保湿成分:「ヒアルロン酸」、保湿効果のある糖質の「トレハロース」、植物の根の「オウゴン根エキス」配合。

みずみずしいジェルタイプのオールインワン化粧品です。

>>ちふれ化粧品 うるおいジェル(楽天)

オールインワン化粧品のメリットとデメリット

マルトバツの札を持った女性

メリット

スキンケアが1本なので簡単

オールインワンのスキンケア化粧品のメリットは、なんといっても簡単ってことですよね。

化粧水・乳液・美容液・クリームのすべてが1本のアイテムの中につまっているので、毎日のスキンケアが楽ちん!

毎日となると、やはり簡単に使えるということは重要ポイントですよね。

1ヶ月のスキンケア化粧品のコストが安い

そして、化粧水・乳液・美容液・クリームなどいくら値段を抑えてもトータルでそろえると、1ヶ月の価格は結構かかってしまいます。

オールインワンの場合は、1本ですむのでコスト的には1ヶ月あたりの費用も安く、続けやすいという点もありますね。

デメリット

物足りない気がする

デメリットとしては、どうしても1本ですませるので、化粧水・乳液・美容液・クリームなど分かれている化粧品よりも、保湿力・美容成分などの成分が限られてしまうことがあります。

そのため、オールインワン化粧品は、保湿力が物足りない気がする。乾燥しやすい。
という感じる人もいるようです。

そんな時は、夏はオールインワンだけですまして、乾燥が気になる冬は保湿クリームや美容オイルなどプラスするという方法もいいですね。

error: Content is protected !!