化粧水と乳液と美容液と保湿液と化粧液の違いって?

両手にリンゴを持つ女性
美容関係の言葉は次々に新しくでてきて、ときどきこれとこれって何が違うんだろうと思うことがあり、難しい部分があります。

私のサイトにも「化粧水と保湿液の違いは?」ということで検索されてご訪問下さる方もいらっしゃるようで、そんな記事書いていないのに不思議だなと思っていたら…。

最近やっとわかりました!

それは以前、ある化粧水と美容液が一緒になったスキンケアを体験レビューしたことからのようです。

というわけで、スキンケアの違いについてまとめてみました。

スポンサーリンク

化粧水と乳液と美容液と保湿液と化粧液の違い

化粧品

化粧水

洗顔後の肌を整える、その後の基礎化粧品の浸透をよくするためのローション状のスキンケア。

乳液

油分・保湿を与えるミルク状のスキンケア。

美容液

保湿・美白・エイジングケアなどの美容成分与えるためのスキンケア。

美容液には、保湿に特化した保湿美容液・シミなどをケアに特化した美白美容液・肌のハリなどに特化したエイジングケア美容液など肌の悩みによって特化した成分が含まれているスキンケアです。

保湿液

保湿を与える成分が入っているスキンケア。

そのまま訳すと「保湿する液体」という意味なので、「乳液や保湿美容液」を保湿液と呼ぶ場合も、化粧品メーカーによっても違いがあるようですね。

化粧液

化粧水よりも美容成分が豊富でとろみがあるスキンケアのことを指すようです。

こちらもメーカーによって呼び方は違うようですね。

まとめ

ピンクの花
美容関係の言葉も新しい言葉がどんどん出てきて、ややこしいです。

「保湿液」も「化粧液」も化粧品のメーカーによって呼び方が違い、その商品のイメージでつけているので、〇〇が何%入っていれば△△などの定義などは特にないようですね。

「保湿液」とあれば、保湿力があるんだな。なにか保湿成分が含まれているんだな。しっとりしているんだな。という意味で考えればOK。

化粧水・乳液・美容液・保湿液・化粧液などの言葉にまどわされず、成分や使用感を確かめ肌に合ったものを選びたいですね。

*関連記事:高保湿のヒト型セラミド配合おすすめ美容液はこちら

スポンサーリンク
error: Content is protected !!