国産オーガニック基礎化粧品5選!成分や特徴を比較まとめてみました

ラベンダーとミント
「オーガニックコスメ」というと、肌にやさしいかったり、安心な感じがしますよね。
私もオーガニックのものが好きで、野菜や果物もスーパーで買うときによく見ています。

しかし、実はオーガニックコスメ(オーガニック化粧品については)は、その定義は日本ではしっかりとした基準がないんだそうです。

オーガニックコスメとは

オーガニックな植物
「オーガニックコスメ」を使ってみたいなと思ってもどれを選んだらいいのかわかりにくいですよね。

海外ではいくつかのオーガニックの認定団体があり、その中で世界で一番大きい団体がフランスのECOCERT(エコサート)という団体。

日本ではまだ基準がないため、このヨーロッパの認証を取得したり、参考にして独自の基準でオーガニックコスメとして販売されているそうです。

ということで、国産のオーガニック化粧品ブランドを下記の3点を比較しまとめました。

◎ 主な成分
◎ 特徴
◎ どんな人におすすめなのか

国産オーガニック基礎化粧品

HANA オーガニック (HANA organic)

◎ 主な成分
・ シミやくすみに働きかける「ダマスクローズ」
・ リラックス作用のある「イランイラン」
・ 花の精油を配合

◎ 特徴
・ 植物原材料の85%以上をオーガニックのものを使用
・ オーガニックコスメでは珍しい、乾燥と美白の2つのセットがあります。

◎ どんな人におすすめ?
・ 乾燥が気になる人。
>>HANAオーガニック(モイスチャー)

・ 美白やエイジングケアもしたい人。
>>HANAオーガニック(ブライトニング)

ブルークレール

◎ 主な成分
・ 豊富な美容成分の配合
・ セラミド、ビタミンC誘導体、プラセンタなどのエイジングケア成分を配合
・ 青森県と秋田県にまたがる世界遺産の白神山地(しらかみさんち)の湧水を使用

◎ 特徴
・ オーガニック・無添加でかつエイジングケア成分を配合している
・ 防腐剤・保存料には、ローズマリー葉エキスなどを天然植物を使用
・ 天然植物成分にはオーガニック認証取得成分も配合
・ キャリーオーバーを排除

キャリーオーバー:原料や製造の過程で保存や抽出の目的で微量配合され、商品の全成分への表示義務のない化学成分などのこと

ブルークレールのサイトより引用

◎ どんな人におすすめ?
シミ、しわなども気になりエイジングケアもしたい人。

>>ブルークレール無添加化粧品

琉白~るはく~

◎ 主な成分
・ 沖縄の伝統的な美肌ハーブ「月桃(げっとう)」
・ 保湿効果がある「海ブドウ」
・ ミネラルが含まれた「沖縄海洋深層水」
・ 20種類以上の植物成分

◎ 特徴
・ 「エコサート認定」を取得済み
・ 沖縄生まれのオーガニックコスメ
・ 植物成分の95%以上がオーガニック原料

◎ どんな人におすすめ?
乾燥肌、敏感肌

>>琉白トライアルセット

オラクル L’oracle

1600円訴求

◎ 主な成分
・ 70種類以上の植物成分をバランスよく配合

◎ 特徴
・ 北海道の自社農園で育てられた原料を使用
・ 「実や種」「葉や茎」「花」「根や樹皮」から抽出された成分をバランスよく配合することで、偏った肌質を整える

◎ どんな人におすすめ?
乾燥による頬の毛穴に悩んでいる人に。

>>オラクル

Larネオナチュラル

◎ 主な成分
・ 肌のキメを整えてくれる「ヘチマ水」
・ 保湿力が高い「チシマザサ」

◎ 特徴
・ 岐阜県の自社農場でハーブなどを栽培
・ 基本的に食べられる農産物を使用

◎ どんな人におすすめ?
乾燥・肌トラブルで悩んでいる人に。

>>Larネオナチュラル スキンケア

* 商品内容や成分などが記事掲載時と変更された場合もあるので、ご購入の際は必ず公式サイトで詳細をご確認ください。

error: Content is protected !!