オーガニック化粧品は認定や規定があるの?それともブランドのイメージ?

バスケットに入ったハーブなど

「オーガニック」なものは、化粧品をはじめ野菜もレストランでも衣類でも、今とっても人気ですよね。

オーガニックは(organic:有機(ゆうき:生命の力を生かす)という意味)です。

オーガニックコスメは有機栽培(化学肥料や農薬などを使わないで育てられたもの)でつくられた原料をとした化粧品のことです。

オーガニックというと「自然派」「天然」「無添加」「肌に刺激が少ない」「肌によくない成分を使っていない」「敏感肌でも大丈夫」など、肌にやさしく安心でいいイメージがあります。

「合成、石油、化学」などの成分や言葉をみるとどうしても大丈夫なのかな?という不安がありますよね。

しかし、オーガニックといっても必ずしも、一般的な化粧品に比べ安心や安全性が高いというわけではないんです。

スポンサーリンク

オーガニック化粧品は日本には基準がない

オーガニック化粧品はまだ国際的な基準がなく、化粧品ブランド独自の基準で「オーガニック」と表示しているので、まだまだあいまいな部分も多いのが実情なんだそうです。

日本では、「オーガニック系ブランド」「オーガニック系コスメ」などと「~系」と雑誌で紹介されていることもありますね。

そのため、安心や安全性は普通の化粧品とそれほど差はないともいわれています。

食品に関しては、日本でも認定制度の「有機JAS規格」がありますが、化粧品に関してはありません。

これだけオーガニック化粧品という言葉が浸透していて、化粧品のカテゴリーとしても確立されつつあるので、まだしっかりとした基準がないのはちょっとびっくりですよね。

オーガニック化粧品の海外の認定について

オーガニックであるとする基準は、日本でもまだ正確には決まっていません。

そのため、ちょっとでもオーガニックの原料が入っていたらオーガニック化粧品として販売してしまうということもあり、そうなると購入する側にとっては選ぶのが難しいですよね。

ヨーロッパではいくつか認定団体がありますが、それでも団体によってその基準はあいまいなんだそうです。

そんな民間のオーガニックの認定団体の中でも、世界で一番大きい団体がフランスのECOCERT(エコサート)です。

・ 天然由来成分が○%以上であること。
・ 植物の原材料が○%以上がオーガニック認定あること。
・ 石油由来の原料を使用しない。

…など、オーガニックの独自の厳しい基準が設けられいます。

日本でも、このECOCERT(エコサート)の認定を受けているオーガニック化粧品のブランドがあります。

* 沖縄オーガニックスコスメ 琉白(るはく)は、エコサートの認定を受けている日本製の化粧品メーカーです。

公式サイトはこちら
>>世界が認めたオーガニックコスメ「琉白」

オーガニック化粧品については、今後は国際的にきちんとした基準をもうけましょう。という動きはあるようなので、早くそのようになってほしいですよね。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!