パッチテストの方法って?どうやるの? | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

パッチテストの方法って?どうやるの?

パッチテスト
肌が弱くてかぶれやすかったり、アトピーなどで敏感な場合初めて使う化粧品で肌荒れしないかな大丈夫かなって不安ですよね!

そこでよく商品の説明を見ると「パッチテストをしてください。」と書いてあります。
でもこのパッチテストの方法まで書いてなくてどうやったらいいのか知りませんでした。

調べてみるととっても簡単なテストだったので実際にやってみました。

スポンサーリンク

パッチテストのやり方

腕
腕の内側の肌の柔らかいところへ試したい化粧品をつけます。
(写真はまだぬり途中。もう少しぬり込んでいきます。)

他にも、絆創膏の中央のスポンジに試したい化粧品をつけて腕の内側に貼る方法もあるようです。
この方が服なども汚れないかもしれませんね。

そのまま24時間放置するだけ。
24時間なので入浴後につけて、次の日のお風呂の前までテストするのがいいですね。

その後、肌にかかぶれ・赤み・湿疹・かゆみなどがないかチェックしとくに問題がなければ大丈夫ということになります。

ただし、夏は汗で流れてしまったり、生理の前後や女性ホルモンのバランスの関係で肌が敏感になっている時などもあるかもしれないので確実なものではなく、ひとつの目安にするのがいいそうです。

もし、かゆみや赤みなどがでできたら肌に合わない成分が含まれていることになるので、すぐに洗い流しましょう。

ヘアカラーの時もパッチテストを

私もはじめて使うヘアカラーなどは、ちょっと面倒ですが必ずパッチテストをしてから使っています。

ヘアカラーもパッチテストの手順は同じですね。
ほとんどのメーカーで、イラスト入りで詳しく説明が書かれていますのでわかりやすいです。

今は美容院でもヘアカラーでも染める前にパッチテストしてくれるところがあるようで、テレビでやってました。

染める前に一度お店にいかなくちゃいけないところがちょっと面倒ですが、安心してカラーリングしてもらえるのでその点はいいですよね。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!