防腐剤が入っていない化粧品の方が安全なの?

化粧品について悩む女性
最近は、無添加のものが人気ですよね。

「パラベン」というと防腐剤の代表のように言われていて、中でもパラベンフリーという化粧品が多く見かけるようになりましたよね。

パラベンフリーと書かれていればなんとなく安全な気がするし、やはり余計なものはなくして安全な化粧品を使っていきたいですよね。

「パラベン」は安全性は高いと言われていて、防腐剤として食品や化粧品などに使われています。

食品と聞くとちょっと怖いですが、そうですよね。食べ物だって今は1年とか長くもつものも多いですものね。

化粧品では「パラベン」は表示指定成分(過去にアレルギーが報告された成分で旧薬事法によって表示しなければならないという決まりがある成分リスト)に書かれているため、あまりよくないのではというイメージがついてしまったようですね。

今では安全性は高いと言われている「パラベン」ですが、化粧品に配合するには1%までの配合制限があり決められています。

スポンサーリンク

防腐剤が入っていない化粧品の方が安全?

では、パラベンフリーなどの防腐剤が入っていない化粧品の方が安全なのでしょうか。

というと実はそうでもないのが現状…。

防腐剤が入っていないということは、それだけ菌が繁殖しやすく気をつけなければならないってことも考えられるんだそうです。

フタを開けたまま放置したり、汚れた手で触ってしまい細菌が入ってしまうと繁殖が広がり、防腐剤の影響によるものよりもそちらの方が肌荒れの危険が高くなってしまうということにもなりかねないそうです。

防腐剤の入っていないものは、特に一度開封したものは空気中のほこりなども入りやクリームなどを取るときに手の細菌がついてしまうため、手をきれいに洗ってから使いなるべく早く使い切ることが大切です。

そのため手作り化粧品も保存や使用期限に注意が必要ですね。

最近は、クリームなどは衛生面を考えてスプーンのようなものがついているものも多くなっています。

本当に防腐剤が入っていないものは、1回きりの使い切りタイプでふたを開けたら使い切ってください。という化粧品もありますよね。

まとめ

パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤も化粧品の品質保持には必要なもの。

化粧品メーカーでも研究され必要最低限で配合されつくられているため過剰に気にする必要はなさそうです。

すべての化粧品に対し「防腐剤が入っていないから安全。」ということではなく、「防腐剤が入っているからの安全もある。」ということを理解して選んでいきたいですね。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!