口元のほうれい線が目立つ!たるみがでる顔の部位と原因は?

顔のたるみに悩む女性
20代の頃の違うのは、30代になるとだんだんと肌にハリがなくなり細かいシワも目立ってくること。

とくに、気になるのが鼻下から口元の両側にある大きな深いシワ。
ほうれい線!

ほうれい線のシワって、気にし始めまじまじと見ていると一気に老け顔に見えるのでどうにかしたいものですよね。

他にも、顔にはたるみが出やすいところがいくつかあるんです。

スポンサーリンク

たるみが出やすい顔の部位は?

目の周り

まぶたの筋肉が衰えてくると、眼球を支えられなくなり目の下がたるみやすくなります。

他にも、クレンジングなどでマスカラやアイライナーが落ちないからとゴシゴシこすって落とすと、皮膚がゆるみます。

肌のハリが不足し支えきれなくなり、頬の毛穴が長細くゆるんで広がったように見えてしまいます。

たるみ毛穴・ゆるみ毛穴とも呼ばれていますね。

ほうれい線

鼻下の両端から口元に出でいる深いしわ。
笑いジワとも呼ばれていますよね!

頬のたるみ毛穴・ゆるみ毛穴がつながってできることもあります。

ほうれい線は、20代の後半から薄っすらではじめてきて、乾燥してるととくに線がくっきり見えてしまい目立つ部分ですよね。

シワの中では口の周りは出やすい気がします。

ゴルゴ線(ゴルゴライン)

目頭の下から頬の中央にそってできる斜めのシワ。
この線がマンガのゴルゴ13の主人公にもあるため、そう呼ばれているそうです。

すごい名前ですよね。

マリオネットライン

口元から両側のあごに向かってできる線。

マリオネットとは糸で操作する「あやつり人形」のこと。
人形の口を動かすために似たような線があるためこう呼ばれています。

腹話術の人形などもそうですよね。

たるみの原因とケア方法

筋力の低下

肌のハリや弾力に必要なコラーゲンが年齢とともに減少してしまいます。

コラーゲンのサポート成分の化粧品を使いたるみケア!

* 関連記事:30代のほうれい線対策のクリーム4選

紫外線によるもの

紫外線により、コラーゲンの線維が傷ついてしまい弾力が低下していしまいます。

紫外線は5月から9月くらいまでが多いですが、それ以外でも一年通して降り注いでいます。

冬でも日焼け止めはつけたり、日差しの多い日に外出する際は、帽子・日傘・サングラスなどでUV対策

表情筋が衰えてくる

加齢による影響もありますが、パソコンやスマホなどを長時間することにより、表情筋を動かさないため血流が悪くなりたるみの原因になります。

表情筋をきたえるために、目や口や頬など顔全体の筋肉を伸ばしたり縮めたりして動かすエクササイズ

毎日、お風呂で数分間するだけでもいいですね!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!