細菌から肌を守る!バリア機能とは?

花粉のウイルス

肌には、外部の細菌やウイルスや花粉などから皮膚の内側を守る「バリア機能」があるんだそうです。

肌というとぷにぷにしているイメージでバリアという感じがしませんが、実はしっかりガードしてくれているんですね。

このバリア機能が低下してしまうと、

・ 前髪が触るだけで顔がかゆくなる。
・ かさかさ乾燥する。
・ 洗顔後化粧水をつけるとヒリヒリすして赤くなる。
・ いつも化粧品でも肌が荒れてしまった。

などの肌のトラブルが起こりやすくいわゆる敏感な状態になってしまうんですね。

スポンサーリンク

バリア機能に重要な皮脂と角層

肌バリア機能低下

その「バリア機能」の役割をしてくれているのが、皮膚の一番外側の皮脂や角層(かくそう)です。

皮脂というとテカテカになって嫌だなと思ってしまいますが、皮脂の油分は、潤いを保ってくれて逃がさない!という役目もあります。

角層(=角質層)は角質細胞というたんぱく質がレンガのように積み重なり、その間を細胞間脂質(有名なところではセラミドなどです)がしっかり埋めてくれています。

ちょうど、細胞間脂質というのは接着剤みたいなものなんですね。

そのため、皮膚の外側からは、細菌やウィルスなどがすきまから入れないようなバリア機能をもっていると言われているんです。

中でもセラミドは肌のバリアには重要なもの。
しかし、年齢とともに生成される量が減ってしまっていいるんだそうです。

セラミドが減ってしまうとバリア機能が壊れ、隙間から外部からの刺激が入りやすく、水分も保持することができなくなり乾燥肌に!!

バリアを壊してしまう原因のひとつには、洗うときにゴシゴシこすり過ぎによるものが多く、皮脂も必要以上に取り過ぎたり角層のバリアも壊してしまいます。

すると、上記のような肌トラブルが多くなってしまうんですね。

バリア機能を壊さない低下させないためには…

・ クレンジングや洗顔の時はやさしく洗うこと。
・ しっかり保湿すること。
・ 乾燥がひどい場合はセラミド配合の化粧品で補う。
・ バランスの良い食事。(とくにこんにゃくや黒豆は多く含んでいます。)

* セラミドのサプリメントなどはこんにゃくを原料としているそうです。
そういえば肌潤ろーしょんも「こんにゃくセラミド」でしたね~。

肌を守るためには、洗顔方法・保湿・食事が大切ってことですね!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!