スキンケア基礎化粧品はどれに一番お金をかけたらいい?

スキンケア化粧品

スキンケア化粧品(基礎化粧品)というとクレンジング・洗顔料・化粧水・美容液・乳液・クリームなどを思いますよね。

化粧品ってほんとに安いものから高いものまで、ピンキリで選ぶのも難しいです。

1ヶ月の化粧品代は1,000円くらいの人もいれば、1万円以上の人もいたり。

人によってバラバラですが、できれば低予算内で収められそれなりに肌もきれいになっても欲しいですよね!

スキンケア化粧品の中で一番お金をかけた方がいいもの。

それほどお金をかけなくてもいいものってどれなんでしょうか。

スポンサーリンク

美容液やクリームはいいものをがいい?

4色のハートのビーズ

今まで美容関係の本などいろいろと読んだりしましたが、洗顔料や化粧水などよりもその分、美容液やクリームにお金をかけた方がいいと言う意見が多い気がしました。

その理由は、クレンジングや洗顔料などは洗い流してしまうため、それほど高価なものではなくてもよいということ。

化粧水は、洗顔後の清涼感や肌を整える目的につけるもので、保湿力などがやはりクリームなどと比べると少ないこと。

そのため、保湿・美白・エイジングケアなどの美容成分与えることに特化した美容液。

そして保湿するならクリームを良いものを選んだ方がいいのでは?ということなんですね。

ただし、中にはクレンジングや洗顔が一番肌に負担がかかるから一番いいものを…。という意見もあったり、この点はいろいろ意見が分かれているようなので、自分の予算に合わせて選ぶのが一番いいと思います。

月に〇円までとスキンケア代を決めていたら、クレンジングや洗顔料や化粧水などの価格は抑え、その分、美容成分が入っている美容液やクリームをちょっと良いものにするのもありですね。

確かに美容成分が入っていると美容液やクリームも値段は高いですよね。

最近は、化粧水・乳液・美容液・クリームなどが1つになったオールインワンタイプのものが人気ですが、これなら月の化粧品代がグッと抑えられ、選ぶのも簡単かもしれませんね。

>>手軽でおすすめな30代高保湿オールインワン5選はこちら

安い化粧品と高い化粧品の違いは?

アロマの空き瓶2つ

では安い化粧品と高い化粧品の差はどこにあるのでしょう?

化粧品は小さいのに価格が高いものが多く、高いものの方が効果があるように思ってしまいますよね。

またCMやパンフレットなども多いので広告費にもお金がかかっていそうです。

高い化粧品には高い原材料が使われていたり、他ではまねできない独自の成分の開発のための研究費用も必要だったりと、よく言われる広告費だけではないのも事実なんだそうです。

価格から見る成分の違い

先日、1粒1,000円とかの超高級ないちごというのをテレビでみました。

すっごく大きくておいしそうで、一度食べてみたい!

もし、こんな高級ないちごでイチゴたっぷりのケーキとかつくったら、めちゃくちゃおいしいだろうけど、1個のケーキがめちゃくちゃ高そうですよね。

化粧品の原料も同じで、同じ表示の「A」という成分でも原料に違いがあるんだそうです。

値段を安く設定して提供してくれる商品は、やはりどこかで価格を抑えてありそれは仕方のないことですよね。

まとめ

ホップの花

・ 化粧品を選ぶ私たちが肌に合ったものを重視するのか。

・ 値段を重視するのか。

・ 使用感を重視するのか。

・ 薬局で買える・通販で買えるなどの買いやすさを重視するのか。

どこを基準に自分に合ったものを選ぶかの判断が必要なんですね!

そして、その中で予算的に迷ったら美容液やクリームをいいものに、優先してみてはいかがでしょうか。

* 関連記事

保湿力の高いヒト型セラミド配合おすすめ美容液の記事はこちらです。

3000円台からプチプラまで保湿クリームのおすすめの記事はこちらです。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!