生理前にどうしてニキビができたり肌荒れしやすくなるの?

鏡を手に持って悩む女性
生理前って肌が荒れたりニキビができたりして気分も落ち込みぎみですよね。

大人ニキビの原因は、女性ホルモンの影響ということは知っていましたが、よく調べてみるとそのホルモンによって皮脂の分泌が増えるからなんだそうです。

スポンサーリンク

女性ホルモンが肌に与える影響とは?

肌と女性ホルモンの関係ってどうなのでしょうか。

女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つの種類があります。

「エストロゲン」は肌や髪の毛に潤いを与えたり、コラーゲンを増やしてくれます。
女性らしい体をつくるホルモンです。

「プロゲステロン」は皮脂の分泌を増やし、妊娠を維持する作用があります。

この2つのホルモンの分泌量が変わることでバランスが保たれているんですね。

ホルモン周期と肌との関係

生理中は両方のホルモンの分泌は少なく肌は比較的安定している時期。

その後は「エストロゲン」の分泌が増えていき肌の調子が良い状態になります。
そのため、この時期に新しい化粧品を試したりするにはちょうど良い時期なんだそうですよ。

排卵日を過ぎるとさらにその後は今後は「プロゲステロン」が増えていき肌が不安定な敏感な状態になってきます。
皮脂の分泌が多くなりニキビができやすく、さらにPMS(月経前症候群)が起こりやすくその影響でイライラや腹痛なども起こり体が不快な状態になります。

この時期が一番気をつけないといけないときですよね。
しっかり保湿も忘れないようにしないとです。

さらに紫外線の影響を受けやすいのでシミにもなりやすいんだそうで、いつもよりUV対策はしっかりしておきたいですね。

この時期はゆっくり睡眠をとったり、ストレス解消したりして無理をしないで過ごすことが大切です。

女性はこのホルモンバランスによって肌や精神的にも左右されるので大変ですよね。

とはいえ今はどんな時期なのかを正しく知ることで、旅行の予定など変更したり前もって心の準備をして対策も多少できるので、生理のときは無理をしないでおきたいものですね。

女性ホルモンによる大人ニキビ対策スキンケア体験レポート

スポンサーリンク
error: Content is protected !!