ターンオーバーサイクルの肌環境を整え透明感ある肌にする方法 | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

ターンオーバーサイクルの肌環境を整え透明感ある肌にする方法

頬に手を笑顔の女性
肌の細胞が新しく生まれ変わるそのサイクルを「ターンオーバー」といいます!

詳しくは、肌のターンオーバーってなに?の記事にまとめてみました。

ターンオーバーは、年齢とともに遅くなってくると古い角質がたまりやすくなって、乾燥やシミやくすみなどの原因にもなってしまうんですよね。

逆に早くなり過ぎてしまうと、未熟な細胞が表面に出てきてしまうのでそれもよくありません。

そのため、28日前後の周期で、一定のサイクルで正常に周回しているのが理想的。

しかし、ここにも加齢や生活習慣が深く関わってきます…。

30代になると40日前後の周期になりやや遅くなってきて、さらに睡眠不足、栄養の偏り、ストレス、たばこ、紫外線にあたり過ぎなどでもターンオーバーが乱れやすくなってしまうんですよね…。

スポンサーリンク

ターンオーバーのリズムを整える方法

ターンオーバーの乱れを整えるといっても、乱れているのかどうかの判断は見た目ではわかりにくいですよね。

乱れているということは、ターンオーバーが早すぎる場合と、遅すぎる場合、両方が考えられるわけです。

肌の新陳代謝のリズムを整えるには、何に気をつければいいのでしょうか。

しっかり睡眠をとる

肌の新しい細胞をつくったり、修復したりしてくれるのは夜寝ている間ですよね。

「成長ホルモン」というホルモンが睡眠中に分泌されることによって、新しい皮膚細胞が生まれ古い細胞が排出されるという肌リズムを整えてくれます。

成長ホルモンの分泌が一番多いのが寝てから3時間後。
とくに深い眠りのにつき熟睡することで、成長ホルモンも分泌されるそうです。

バランスの良い食事

バランスの良い食事
私たちの肌や髪の毛、血液など、たんぱく質からできています。

いくら高い化粧品をつかったり、美容には気を使っていても、インスタント食品や油っぽい食事ばかりや、ダイエット中だからとサラダのみの食事では、美肌はつくられません。

ご飯やパンなどの炭水化物、油などの脂質、卵や肉などのたんぱく質、野菜や果物に多く含まれるビタミン、その他カルシウムや鉄分などのミネラル成分や、食物繊維などをバランスよくとることが大切ですね。

お酒やたばこは控え、血行をよくする

血液の流れが悪くなると、体中に肌をつくるための栄養や血液や酸素なども運ばれなくなってしまいます。

適度なお酒、アルコールは体をあたためて血流を良くしてくれますが、飲みすぎは体内のビタミンを消費して肌をつくることを妨げたりしてしまいます。

タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮させてしまい血液の流れを悪くしたり、ビタミンCを壊してしまいます。

血行をよくするためには、お酒はほどほどにして、シャワーではなくお風呂で湯船にゆっくりつかって体を温めたり、軽い運動やマッサージをしたりして体を温め、血液の循環を日頃からよくしておきましょう。

紫外線には気を付ける

日焼け止めをつける女性

紫外線で日焼けして赤く炎症を起こしてしまうと、肌は傷つきターンオーバーを早めて修復しようとします。

これが繰り返されると、皮膚は未熟なまま表面に出てくることになるので、以前よりも紫外線などの外部刺激にも弱い状態になり、よりダメージを受けやすくなっています。

そのため、日頃から日焼け止めなどをきちんとぬり、紫外線には気をつけましょう。

洗顔はしすぎない

「年齢とともにターンオーバーは遅くなるので、古い角質がたまりやすくなる。」

そのことが頭に残っていて、角質がたまっているから良く洗顔しなければ…。と、一生懸命ゴシゴシ顔をあらったり、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料で洗い間違った方法によってターンオーバーが早まってしまい乱れていることもあります。

洗顔は、顔をやさしくなでるように洗い、肌荒れしやすい人や普段ナチュラルメイクの人は、洗浄力が比較的弱いミルクやクリームタイプのクレンジングを選びましょう。

肌のゴワツキやくすみを感じたら肌環境ケアを

柑橘フルーツ

ターンオーバーが遅くなってきたかも。と感じるのは、メイクのノリが悪くなったり、肌がゴワゴワしたり、黒っぽくくすんだように見えるときですよね。

30代になるとターンオーバーは40日前後の周期になり、どうしても年齢ということからやや遅くなってきているころです。

そのため角質がたまって肌がざらついてるかな?ってときには、古い角質をピーリング化粧品などで除去してあげることによって肌リズムを整えるケアを時々してあげる方法があります。

ピーリング(peeling:皮をむく)っていうと美容治療のイメージがあり最初はちょっと怖い気がしますよね。

市販のピーリングなどは、フルーツなどからとれる天然の酸を使用していていて、比較的肌への刺激も少なくなっています。

ただし!
ターンオーバーサイクルが早い方がいつもきれいな肌でいられるのでは?と思って、ピーリングしすぎると角質を取りすぎてしまうので要注意!

とくに肌が荒れていたり敏感になっていったり、生理の時にはピーリングはやめておいた方がいいですね。

新しい皮膚ができきる前の未熟な状態になので、肌が赤くなったりトラブルになってしまいます。

商品の説明をよく読んで(週に1~2回など適正回数が書かれているので)、回数を守り使うようにするのがいいですね。

そして、ピーリングの後は乾燥しやすくなっているのでしっかりと保湿するのが大切!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!