ディセンシアのつつむの化粧水の値段と質はどう?本音の体験談 | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

ディセンシアのつつむの化粧水の値段と質はどう?本音の体験談

化粧水とクリーム

ポーラとオルビスが共同開発した敏感肌のスキンケアブランドが「ディセンシア(DECENCIA)」です。

もちろん敏感肌の人でなくても使えます!

その中のつつむの化粧水つつむ ローションセラム Eを使ってみたので体験レポートします。

つつむ ローションセラム Eの使い方とポイント

化粧水

つつむ ローションセラム Eは、化粧水ではなく「化粧液」と書いてあります。

たぶん、化粧水よりも保湿力があるよ!っていう意味で、化粧液という名前にしたのかなと。

商品の名前も「ローション(化粧水)」と「セラム(美容液)」となっていて、これ1本で化粧水と美容液のような保湿の両方の役割を果たしてくれるアイテムとなっています。

そのため、つつむのシリーズには美容液がないんですね。

化粧水

中身はとろっ~としていて、少し乳白色っぽい濃厚。

確かに化粧水よりは美容液に近い感じです。

本品はプッシュ式になっていて、最初に1~2プッシュ手にとり顔全体になじませ、その後、半分から1プッシュくらいを手にとり重ねづけします。

とろみがあるので、手で付けるのがいいですね。

香りもなく、とろみはあるのですが伸びがよく、肌にす~っとなじんでしっかりと吸収して肌がふっくらとしてくれました。

「ヒト型セラミド」という人体と同じセラミド構造で、しかもつつむはナノという小さいセラミドなので、角質層への浸透力も高いのかもしれませんね。

* ヒト型セラミドは(セラミド2)を配合。

「つつむは、肌に刺激がないことが大前提」と書かれていて、そのため、肌が敏感になっていると刺激になることもあるアルコール(エタノール)も不使用です。

値段は?

つつむ ローションセラム E

では値段の方は、120mLで3,400円(税抜)。

約1.5~2ヵ月 もってくれるということで、1ヶ月は約2,280円~1,700円くらい。

ヒト型セラミド配合で、肌が敏感な人でも使えて、保湿力も高い化粧水と考えると、値段はそれほど高くなく使えそうです。

つつむのシリーズは、化粧液と保湿クリーム(30g 3,000円 約2~3ヵ月分 )の2ステップなので、全体的にはコスパはよいシリーズですね。

まとめ

化粧水

つつむは、肌が赤くなる、しみるなど敏感症状が一番のお悩みの方におすすめされているスキンケアシリーズです。

肌荒れに悩んでなくても、保湿力は高いので、肌の乾燥が気になりシンプルなものを使いたい人もいいのかなと思いました。

とくにエイジングケア成分などは入っていないのでそこが残念なんですが、それは同じディセンシアブランドのアヤナスの方で。ということなんでしょうね。

(アヤナスはつつむと比べると、ちょっとお高めなんですよね。)

「保湿が一番重要」「敏感肌でも使える」と考えると、つつむはそれほど値段は高くなく保湿はしっかりしてくれるので、値段と質のバランスはいいと思いました。

>>DECENCIA「つつむ トライアルセット」

error: Content is protected !!