紫外線が肌に与えるこわーい影響とは? | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

紫外線が肌に与えるこわーい影響とは?

太陽光の写真
10代・20代の頃はそれほど紫外線対策していませんでした。

日焼け止めは、顔にはつけていましたが首や腕や足などはまったくつけていない状態!
帽子も髪の毛をしばっているとかぶりにくいため、1つも持っていませんでした。

私の中では、太陽の光は植物と同じでエネルギーを与えてくれたり、布団を干しでもそうですが雑菌を消毒してくれるような、光を浴びることはいいことだというイメージでした。

しかし…。

30代になり、仕事で外に出るとこが多くなる場所へ移動したときのこと。
先輩達が日傘を必ず持ち歩き、たとへ数分の場所でも必ずさしていたのです。

そして「今は平気でも、紫外線であとからだんだんとシミとかでるよ~。」と怖~い忠告を受けました!

それまで「太陽の光は健康にいいものだ!」と思っていた私も、「紫外線」という言葉を聞き、頬の横にある今はまだ薄っすらしているシミが濃くなるのが心配になってきたのです。

そして、すぐに仕事用に日傘を購入しました(笑)

その後、美容やスキンケアの本を読んでいると、紫外線が肌に与える影響がかなり多いことがわかり、なぜもっと早く対策しなかったの~と後悔…。

紫外線が与える悪影響はこんなにあったのです!

スポンサーリンク

紫外線は肌の敵!

シワやたるみの原因

紫外線の一部は肌の真皮という部分まで届くため、コラーゲン(網目状のゴムのような役割)などを壊してしまいます。

壊れてしまったコラーゲンは戻る力がないため肌に弾力がなくなり、そのためシワやたるみの原因に!

シミやそばかすの原因

紫外線を浴びるとメラニン色素が大量につくられます。

メラニンというとシミができるもとですよね。

あまりいいイメージがありませんが、メラニンは紫外線を吸収し、肌の細胞を守ってくれているんだそうです。

通常は、肌の代謝機能のターンオーバーによってしばらくすると垢(あか)としてはがれ落ちてくれるんですが、紫外線を浴び続けメラニンの数が増えすぎると、肌の代謝機能が追いつかずたまってしまいシミになってしまうという恐ろしいことに。

まとめ

肌の老化で一番の原因は紫外線によるものなんだそうです!

「光老化」とも言われていて、なんか老化って言葉がいやですよね。

紫外線は目には見えないし、今どれくらいたまっているかもわかりません。

ちょっと買い物に行くだけだから。
今日は曇りだから。
ここは日陰だから。

と油断していると、じわりじわりと紫外線の影響がたまっているのかも~。

シミもある日突然現れるので、日頃から紫外線対策(UV対策)には気をつけなければならないってことですよね。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!