医薬部外品ってなに?薬用と化粧品との違いは? | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

医薬部外品ってなに?薬用と化粧品との違いは?

カラフルな石鹸
先日、使っている固形石鹸がなくなり買いに行きました。

すると「医薬部外品になりました!」って、なにやら大きく書かれていたのです。

私は「以前と何がかわったの?よくなったの?」
「医薬部外品」ってそういえばなに?

一瞬、頭の中にはてな?がつきました。

「医薬品」はお医者さんで処方してくれるクスリとかのこと。
「医薬部外品」はそれ以外の商品(クスリではない)ってことはわかります。

よく「医薬部外品」とか「薬用〇〇」書いてある商品がありますが、書いてない他の商品とは違うのか考えたこともありませんでした。

そこで、調べてみることにしました!!

スポンサーリンク

「医薬部外品」とは?

2  この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であつて人体に対する作用が緩和なものをいう。
一  次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
ロ あせも、ただれ等の防止
ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛
二  人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
三  前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律というところには上記のような記載がありました。

ただ、意味がよく分かりませんよね。

つまり、
◎ 人体に対する作用が緩和なもの。
◎ 厚生労働省の承認やさまざまな許可が必要。

ってこと。

つまり、
「医薬品」ほどの作用はないけど、書いてないものに比べ「医薬部外品」と書いてあれば厚生労働省が認めたある成分(有効成分)が含まれていますよ!ってことらしいです。

薬用とは?

「薬用〇〇」と書かれているもの、「薬用石鹸」「薬用」歯磨き」「薬用シャンプー」「薬用化粧品」なども医薬部外品ということになります。

薬用と医薬部外品は似たような意味合いということになるのですが、じゃあなんで「薬用〇〇」と「医薬部外品」て使い分けてるの?

薬事法には「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」という分類カテゴリーはあるけれど、「薬用」という分類はないそうです。

どうやらこの辺は、よくわからないのですが販売者側の好み?のようですね。

つまり「医薬部外品」も「薬用〇〇」も同じ意味。

家の中にある歯磨き粉をよく見ると、商品パッケージの表に「薬用」の文字があり、後ろの成分とか書かれているところに「医薬部外品」とありました!

成分にはやはり正式な名称が書かれているんですね。

化粧品との違いは?

化粧品の定義はこのように書かれていました。

3  この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項第二号又は第三号に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く。

またも意味がよく分かりませんね。

化粧品は、清潔にしたり、美しくしたり、皮膚や髪を健やかに保つためのもの。

医薬部外品と化粧品との一番の違い。

医薬部外品としての許可が必要で、厚生労働省が許可した成分(有効成分)が配合されていること。ですが、化粧品はそのような有効成分などは入っていないという意味ですね。

もうわからないことだらけで、ここまで調べるのに3時間もかかってしまった~。

薬事法って難しい!!

そして、薬事法も平成25年に名前が変わり、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(医薬品医療機器等法)となったようです。

もはや頭がついていけない…。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!