深くなった?シワにも原因が3つあった!

右手を口もとにあてて悩む女性
おでこ・目元・口元・ほうれい線・首にもだんだんとシワが気になってきます。
とくに私はおでことほうれい線のシワが目立ちます…。

・ ほうれい線が片側だけとくに深かったり
・ お化粧するとよれる
・ 寝不足だと目の下にシワとクマができる
・ 乾燥肌で細かいシワがすごく目立つ

おでこのシワって怒ってるの?って言われたこともあり、かなりショック!!
シワとひと口いっても、3つの種類がありました。

スポンサーリンク

乾燥によるシワ

「小じわ」や「ちりめんじわ」とも言われ、目じりや口元など比較的皮膚の薄いところにできやすいものです。

文字通り乾燥していること(肌の水分不足)でシワになっているので、早めに保湿してあげることで深いしわになる前のケアが大切!

表情ジワ

顔の表情によって何度も同じところに折り目ができてしまってできるシワ。

怒るときに眉間(みけん)にシワができたり、目が悪かったり、テレビやパソコンをじっと見たりするとおでこにもシワができやすく、頬杖をついたりなど日頃のクセでできやすいものなんだそうですよ。

日常的になってしまって気がつきにくいですが、クセを見直してみましょう。

加齢によるシワ

歳を重ねるとコラーゲンが不足して肌に弾力もなくなります。
乾燥によるシワや表情ジワが深くなり、戻らなくなってしまったシワ。

紫外線によってもコラーゲンが壊れてしまうので、日焼け止めや帽子をかぶるなど紫外線対策を!

ほうれい線などで深くなってしまったシワは、化粧品などでは消すことは難しく、ヒアルロン酸注射やボトックス注射など美容医療で消すしかなくなってしまうそうです。

シワ対策には、

・ 肌の水分量が少なくなっているので保湿。
・ マッサージ(手では難しい場合は美顔器などで)
・ ハリやたるみに特化した化粧品を使ってみる。(ほうれい線対策のクリームをまとめた記事はこちら
・ 紫外線対策!
・ 皮膚の薄い目元はこするとシワになりやすいのでこすらない。

コラーゲンを減らさないためには、寝ている間に成長ホルモンによって肌が作られるため睡眠も大切ですね。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!