ストレスで肌荒れしやすい30代女性のアルコール(エタノール)フリーのおすすめ保湿化粧品5選 | 30代悩める混合肌の基礎化粧品選び|ハリツヤ肌になる方法

ストレスで肌荒れしやすい30代女性のアルコール(エタノール)フリーのおすすめ保湿化粧品5選

青と紫のバラのブーケ
30代になってくると肌も乾燥しやすく、ストレスなどで肌荒れしやすいし、肌も敏感になってきたかも。と感じている女性は多いですよね。

肌がカサカサしていて、中には化粧水がしみてしまいピリピリしてしまうこともあります。

だからと言って、保湿クリームをたっぷりつけると、今度はベタベタでべたつきすぎて困ってしまうことも。

できれば低刺激でべたつきが少なく、肌をケアしてくれるスキンケア化粧品がいいですよね。

ストレスで乾燥や肌荒れしやすい時のスキンケア化粧品選び

チェックボードを持った女性
ストレスで乾燥や肌荒れしやすい状態の肌でもある人の化粧水・乳液・美容液・保湿クリームの選ぶポイントは、やはり肌にやさしいこだわりの成分でつくられているものや、保湿力もあるといいですよね。

ストレスで肌荒れしやすい時に選ぶスキンケアのポイント

ストレスで肌荒れしやすい時、季節の変わり目でお肌の調子がイマイチなとき。
そんな時に選ぶスキンケアのポイント3つ。

アルコールフリーのもの
セラミド配合のもの
敏感肌用の低刺激の化粧品を選ぶ

では、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

アルコールフリーのもの

ストレスやホルモンバランス、季節の変わり目によって肌が敏感になっていると、肌のバリア機能が低下してしまっています。

すると、化粧品の中に入っているアルコール(エタノール)成分がしみることがある場合もあります。

そんな時は、アルコールフリー、アルコール不使用、ノンアルコール、エタノールフリーなどと書かれている化粧品を選ぶといいかもしれません。

* 補足
アルコールとは「成分名ではエタノール」が入っていないことです。

アルコール不使用の化粧品の成分名に「ベヘニルアルコール」「ステアリルアルコール」「フェノキシエタノール」と書かれている場合があります。

それらも厳密にはアルコールの一種ではあるようですが、肌にしみたり刺激があると言われる「アルコールはエタノールのこと」を指しているので、成分に「エタノール」と書かれていなければアルコールフリー化粧品ということになります。

セラミド配合のもの

細胞間脂質
セラミドは、私たちの皮膚の中にもあります。

角質層の中にある角質細胞と角質細胞の間の隙間を埋めている細胞間脂質(さいぼうかんししつ)のひとつがセラミドです。

セラミドの役割は、大きく2つ。

・ ヒアルロン酸やグリセリンなどよりも、水分をしっかりとたくわえておくキープ力が高いこと。

・ 肌を外部刺激から守るバリア機能を果たしてくれること。

ストレスや年齢とともにセラミドが減少してしまうことで「肌内部の水分量も低下」「バリア機能も低下」しています。

すると、紫外線やほこり、ウイルスなどの外部刺激を受けやすく、炎症を起こしたり、化粧品がしみたりする原因に!

そのため30代の女性は肌が敏感になりやすいんですね。

そんな時、肌内の水分をたくわえ、おぎなうセラミド配合のスキンケアがおすすめです。

化粧品に配合されているセラミドの中には、いくつかの種類がありますが、中でも、「ヒト型セラミド」は、人の肌に存在しているセラミドと同じ形をもっていて肌へのなじみなどもよくなっています。

他のセラミドと比べ、「角質層への浸透がよい」「他のセラミド(セラミドと似た働きをする合成疑似セラミド)と比較すると水分を保持する力が約3倍もある」など、その効果が高い成分で、肌をうるおしてくれます。

敏感肌用の低刺激の化粧品を選ぶ

双葉
「敏感肌用」「低刺激性」と書いてあるものは、炎症を抑える成分を配合していたり、低下してしまったバリア機能を整える成分が配合されているものが多く、肌へのやさしさについて考えられたスキンケアです。

そのため、肌荒れしやすい時期、肌が弱い人の場合は、敏感肌用のスキンケア方が肌に合いやすいかもしれません。

できれば、肌に合うか確かめられるお試しセットやサンプルがあるもので、一度試すことができるとより安心ですね。

今回の選んだポイントは?

吹き出しと女性
今回、ストレス肌で乾燥などもしやすい肌のおすすめスキンケアとして選んだポイントをまとめると、

アルコールフリーのもの。

セラミド(とくにヒト型セラミドのものが保湿力は高い)が配合されているもの。

保湿成分が配合されているもの。

肌が敏感な人でも使いやすいスキンケアで低刺激性なもの。

実際に使ってみて「これはいいな」と思ったもの。

などの条件が当てはまるものをランキングでご紹介します。

ストレス肌のアルコールフリーおすすめスキンケアランキング

1位 メディプラスゲル

オールインワンゲル
容量:180g
価格:3,700円

保湿成分には「コラーゲン、ヒアルロン酸、ヒト型セラミド(1・2・3・5・6)、ビタミンC」など配合。

美肌の温泉とも言われる島根県にある玉造(たまつくり)温泉の温泉水を使用し、66種類の美容成分が1本にギュッと凝縮されたジェルです。

化粧水・美容液・乳液・クリームの1本4役で美容成分も豊富で、コスパもいいオールインワンゲルです。

◎ メディプラスゲルはこんな人におすすめ 
・ 年齢肌が気になる人
・ 肌が敏感な人
・ 肌の乾燥が気になる人
・ 値段も高くなく安いのにいいオールインワンジェルを探している人

公式サイト詳細へ >> メディプラスゲル

メディプラスゲルを使ってみた体験談はこちら

リニューアルしたメディプラスゲルを実際に使ってみた体験レビュー。他のオールインワンゲルとは違う7つの特徴、使用感などもご紹介します。

2位 つつむ

化粧水とクリーム
化粧液:120ml 3,400円円
クリーム:30g  3,000円

敏感肌専門のブランド。ポーラ・オルビスグループのディセンシア(decencia)の保湿ケア化粧品「つつむ」。

敏感肌の低下してしまったバリア機能を独自技術成分で高め、「乾燥・炎症・かゆみ」をケア。
ヒト型セラミド配合のうるおいのある高保湿のシリーズです。

◎ つつむはこんな人におすすめ
・ 敏感肌・乾燥肌に悩んでいる人。
・ うるおい・保湿力がほしい人。
・ 高保湿なのに値段もそれほど高くなくてコスパのいいスキンケアを探している人。

公式サイト詳細へ >> つつむ

>>つつむを使ってみた体験談はこちら

肌荒れしやすい人、肌が敏感な人にもおすすめのスキンケア!ディセンシアつつむを使ってみた本音の体験談

3位 アヤナス

スキンケア化粧品

化粧水:125ml 5,000円
美容液:36g 7,500円
クリーム:30g  5,500円

敏感肌専門のブランド。ポーラ・オルビスグループのディセンシア(DECENCIA)のエイジングケア化粧品「アヤナス」。

私たちの肌内部にある水分をため込んでくれているセラミドと同じ「ヒト型ナノセラミド」配合。

セラミドをナノサイズにすることで肌になじみやすく、しっとりとした潤いがあります。

◎ アヤナスはこんな人におすすめ
・ 疲れやストレスで肌荒れしやすい人。
・ 敏感肌でもある人。
・ 小じわ・肌のハリのなさなども気になってきた人。

公式サイト詳細へ >> アヤナス

>>アヤナスを使ってみた体験談はこちら

アヤナストは2016年の10月にパワーアップして新しくなりました! 以前は薄ピンクの容器に入っていましたが、今回は大人っぽいワ...

4位 ヒフミド

ヒフミドトライアルセット
化粧水:120ml 3,000円
乳液:100ml 4,500円
美容液:30ml 6,800円
クリーム:22g 4,000円

製薬会社「小林製薬」のスキンケア。

ヒト型セラミドを「1・2・3」と3種類も配合した高保湿ライン。
肌にやさしく処方した製薬会社の作ったスキンケアです。

肌が敏感な人でも使いやすい基礎化粧品です。

◎ ヒフミドはどんな人におすすめ
・ 乾燥肌、敏感肌、肌に潤いがほしい人。
・ 乾燥による肌トラブルが多くなってきた人。
・ 肌へのやさしさにこだわっているスキンケアを使いたい人。

公式サイト詳細へ >> 小林製薬 ヒフミドトライアルセット

>>ヒフミドを使ってみた体験談はこちら

美容関係のサイトや雑誌などをみていると、ときどき「ヒト型セラミド」という文字を見かけますよね。 「ヒト型セラミド」は私たちの肌にあ...

5位 エトヴォス

化粧水と美容液
化粧水:150ml 3,200円円
美容液:50ml 4,000円
クリーム:30g 3,800円

医学博士の方が考えた無添加スキンケア「エトヴォス(ETVOS)」。

美容液と保湿クリームにヒト型セラミド「1、2、3、5、6Ⅱ」と5種類と高濃度で配合。
保湿力を重視したしっとり感あるスキンケア。

エトヴォスはどんな人におすすめ
・ 肌の乾燥が気になる人。
・ 敏感肌でもある人。
・ テカるのに乾燥もする。実は肌の内部は水分量が少ないインナードライ肌の人。
・ 肌にハリやツヤがないなと感じる人。
・ セラミド配合のスキンケアでも価格を押さえたい人向け。

公式サイト詳細へ >> エトヴォス

>>エトヴォスを使ってみた本音の体験談はこちら

エトヴォスの化粧水と美容液を実際使ってみた体験レビュー!エトヴォスの知っておきたいこだわりの特徴などを詳しく解説

スキンケアで気をつけるケアポイント

ピンクの花
ストレス以外にも肌が荒れやすい場合、体調の変化、ホルモンバランス、疲れ、気候の変化などでも肌荒れしやすくなったりします。

スキンケアで気をつけるポイントは、

いつもの化粧品が急に肌に合わなくなったら、その日は使うのを中止し肌を休ませてあげる。数日間は保湿クリームだけつけたりしながら、様子を見てみましょう。

肌が乾燥・敏感になっているときは外部の刺激を受けやすいので、日焼け止めをつけたり、紫外線対策はしっかりとしておきましょう。

新しい化粧品を試すときは、生理前後や生理中はさけ体調の良い日にパッチテストをしたりしてから使いましょう。

皮膚の細胞は、寝ている間につくられます。

そのため睡眠不足だと、肌内のセラミドも生成されないため肌の水分量が減ってしまい、乾燥したりしやすくなってします。

よく美肌に重要なのは睡眠と言われますが、スキンケアだけでなく睡眠をしっかりとることも大切ですね。

error: Content is protected !!