アヤナスとキュレルを比較!セラミドの違いやメリットとデメリット気になるまとめ | 30代悩める混合肌の基礎化粧品選び|ハリツヤ肌になる方法

アヤナスとキュレルを比較!セラミドの違いやメリットとデメリット気になるまとめ

アヤナスキュレル

ポーラオルビスグループのディセンシアの「アヤナス」と花王の「キュレル」。

両方ともセラミドが配合されている敏感肌・乾燥肌の人気のスキンケアですよね。

「アヤナス」と「キュレル(潤浸保湿 フェイスケアシリーズ)」のそれぞれの特徴、セラミドの違い、メリットとデメリット、価格など、比較してみました。

比較結果

同じセラミドと言ってもいくつか種類があり、アヤナスとキュレルでは配合されているセラミド違いました。

アヤナスは、化粧水・美容液・クリームすべてに、保水力の高い「ヒト型セラミド(2)」が配合されています。

キュレルは、乳液のみに花王独自の「潤浸保湿セラミド機能成分」(合成疑似セラミド)が配合されています。

一般的に、ヒト型セラミドの方が人間の皮膚内のセラミド構造と似ていて、肌のなじみもよく保水力が高い(合成擬似セラミドの3倍の保水力がある)と言われていて、肌をふっくらしっとりさせてくれます。

そのため、肌の乾燥、肌の水分不足によるハリ、シワなど、いろいろな悩みには、「アヤナス」の方がよいかな。

キュレルに配合されている「合成疑似セラミド」とは、セラミドと似た働きをするものを化学的に合成されてつくられたものです。

他のヒト型セラミドと比べると保水力が劣りますが、価格は低価格で購入しやすいところは利点でもあります。

値段を考えると、「キュレル」かな。と思います。

アヤナスを使ってみた体験談はこちら

キュレルを実際に使ってみた体験談はこちら

それでは、さらに詳しくアヤナスとキュレルについて見ていきたいと思います。

アヤナスとキュレルの比較表

アヤナス キュレル
保湿シリーズ
(しっとり)
 アヤナス  キュレル
使い心地 とろみありのしっとりタイプ どちらかというとさっぱり
コスパ ★★ ★★★★★
1ヶ月の価格目安 約12,000円 お店によって価格差がありわかりませんでした。
特徴 ヒト型セラミド(2)

ポーラ研究所オリジナルの成分「CVアルギネート」

炎症を抑える「コウキエキス」など

花王独自の「潤浸保湿セラミド機能成分」

炎症や肌荒れを抑える有効成分「アラントイン」など

どんな人におすすめ ・疲れやストレスで肌荒れしやすい人。
・敏感肌でもある人。
・小じわ・肌のハリのなさなども気になってきた人。
・エイジングケアもしたい人。
・敏感肌
・乾燥肌
・ドラッグストアでも気軽に購入したい人
体験レビュー >>アヤナスを使ってみた体験談はこちら >>キュレルを使ってみた体験談はこちら
公式サイト >>アヤナス
>> キュレル

アヤナスの特徴

スキンケア化粧品

アヤナスのいいところ

・ 保水力の高いヒト型セラミド配合である。

・ ポーラ研究所オリジナルの成分が配合されている。

・ しっとりと保湿力が高い。

・ 肌が敏感でもエイジングケアしたい人にも向いている。

・ ストレス肌や年齢肌が気になる人にも向いている。

・ 定期購入ができ割引がある。

・ お試しセットがありまず10日間試してから使える。

アヤナスの残念なところ

・ 通販のみの購入しかできない。

・ 値段が少々お高い。

アヤナスの他のスキンケアとは違う特徴

ストレスによる肌荒れに着目し内側からケアしてくれるスキンケア。

コラーゲンの生成量を170%までアップしてくれるハリ効果のある独自成分(CVアルギネート)配合。

乾燥・花粉などの空気中の外部刺激をブロックし、同時に肌にうるおいを閉じ込めるディセンシアの特殊技術を配合。

化粧水・美容液・クリームのすべてにヒト型セラミド(セラミド2)を配合。

アヤナスはこんな人におすすめ

シワ、たるみ、ほうれい線、たるみ毛穴が気になり、エイジングケアしたい人。

ストレス肌荒れ・花粉症・敏感肌で、なかなか自分に合ったスキンケアがなく悩んでいる人。

肌の乾燥に困っている人。

アヤナスは、30代の肌悩みをトータルでケアしてくれるところが気に入ってます。

価格がちょっと高いなというところが残念ですが、値段抜きで考えれば、ずっと使い続けたいスキンケアでかなり気に入りました!

公式サイト詳細へ >> アヤナス

アヤナスを使ってみた体験談はこちら

アヤナストは2016年の10月にパワーアップして新しくなりました! 以前は薄ピンクの容器に入っていましたが、今回は大人っぽいワ...

キュレル(潤浸保湿 フェイスケアシリーズ)の特徴

スキンケア

キュレルのいいところ

・ ドラッグストア・薬局など身近な店舗で購入できる。

・ お試しセットがありまず試してから使える。

・ 価格が安い。
* 化粧水…1,300円くらい~2,000円以下くらい。
* 乳液…1,300円くらい~2,000円以下くらい。
* クリーム…1,650円くらい~2,600円以下くらい。

(キュレルはオープン価格となっていてお店によってばらつきがあり値段が違います。価格は楽天で調べてみたのですが大体の目安としてお考えください。)

キュレルの残念なところ

・ 保湿力はやや物足りない。

・ 美容成分などはとくに配合されていない。

・ 配合されているセラミドは、ヒト型セラミドではない。

キュレルのいいところは何と言ってもお店ですぐに購入できることと、価格が安いこと。

価格重視ならキュレル。

キュレルを実際に使ってみた体験談はこちら

花王のキュレル(curel)といえば肌にやさしい化粧品として人気が高いですよね。

*補足情報

セラミド(ヒト型セラミド配合)重視で、値段もそれほど高くなく美容や保湿成分も豊富なスキンケアと考えると。

個人的には、化粧水・美容液・クリームが1本になっているヒト型セラミド配合のオールインワン化粧品も選択肢の候補に考えてもいいかなと思います。

error: Content is protected !!