ブースター・導入液って?化粧水の前につけるスキンケア化粧品があった! | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

ブースター・導入液って?化粧水の前につけるスキンケア化粧品があった!

トマト水しぶき
30代になり肌の衰えを感じ、やっと美容についてなんとかしなくちゃと勉強して知識が少し増えてきたのですが、スキンケア化粧品て細かく見ていくと種類があるんですよね。

その時に知ったのはブースター(導入液)というアイテム。

「洗顔の後は化粧水でしょ?」ってず~っと思ってました。

美容や化粧品の世界は奥が深いです!
20代までは、恥ずかしながら化粧水・乳液・クリームくらいしか知りませんでした(笑)

今は化粧水の前につけるスキンケアがあるんですね。

スポンサーリンク

ブースターとは?

化粧品イラスト
ブースターとは、「ブースター (booster:後押しする)」「導入液」と呼ばれるものなんだそうです。

洗顔した後のすぐ化粧水の前につけるもので、

◎ 化粧水や美容液を角質層へ浸透しやすくするため。

◎ 肌をやわらかくして通り道をつくってくれるアイテム。

種類も、私は美容液タイプしか知らなかったのですが、化粧水タイプ・オイルタイプなどもあるようですね。

ブースター・導入液はどんな時に使う?

ブースター・導入液を使うのは…。

◎ 肌が乾燥しやすくカサカサしてるとき。

◎ お化粧ののりが悪くなってきたかなと感じるとき。

ブースターは、普段使っているいつもの基礎化粧品にプラスするだけでいいので、わざわざ化粧品を買い替えたりしなくていいのが人気の秘密ですね!

ブースターの使用感は?

化粧品
前使ってみたブースターと言えば、アスタリフトの先行美容液(ジェリーアクアリスタ)がそれにあたりますね。

確かに、先行美容液をつけると肌へのなじみがいつもよりいい感じがしました!

しかし、洗顔後、ブースター(先行美容液) ⇒ 化粧水 ⇒ 美容液 ⇒ クリームとスキンケアが4ステップになるので、ズボラな私には毎日続けるにはちょっと面倒かなともいう思いもあったんです。

まずは基本の基礎化粧品を使って、肌が乾燥してるときや化粧水の角質層への浸透がよくないかなと感じる時のプラスアルファの特別なスキンケア化粧品というかたちで、ブースター・導入液を使っていくのがいいのかなと思います。

まとめ

美容液
ブースターは、洗顔後のまだ何もつけていない肌へつける導入液のこと。

肌を柔らかくしてくれ、その後の美容液などの基礎化粧品を肌全体になじみやすくしてくれるものなんですね。

肌がかさついたり、肌へのなんとなくなじみがよくなかったり、メイクのノリが悪くなったかも。という悩みがある時に使いたいアイテムですね。

* 関連記事:ブースター・導入美容液おすすめ3選!いつもの化粧水の前につける美容液

スポンサーリンク
error: Content is protected !!