セラミド配合のヒフミド化粧水の本音の体験談!コスパや値段はどう? | 30代悩める混合肌の基礎化粧品選び|ハリツヤ肌になる方法

セラミド配合のヒフミド化粧水の本音の体験談!コスパや値段はどう?

化粧水

セラミド配合のヒフミドの化粧水エッセンスローションを実際に使ってみたので体験レポートします!

ヒフミドのスキンケアの特徴は、セラミドもいくつか種類がありますが、その中でも人の肌の構造と同じで保水力の高い「ヒト型セラミド」が配合されていることです。

肌の内部のセラミドは年齢や紫外線、ストレスなどでもどんどん減ってしまいます。

セラミドが減ってしまうと、肌が乾燥しやすく、肌も荒れやすくなってしまい、だからだんだんと肌のトラブルも増えてしまうんですよね。

ヒト型セラミドは、人の肌の中にある水分をたくえてくれているセラミドと同じ構造になっているので、肌とのなじみもよく、肌のうるおいもキープしてくれる嬉しい成分です。

そんなヒト型セラミドが、Ⅰ・Ⅱ・Ⅲと3種も配合されているのがヒフミドの化粧水なんです。

ではそのヒフミドの化粧水の使い心地はどうなのでしょうか。
実際使ってみました。

ヒフミド エッセンスローション使ってみました!

化粧水

ヒフミドは、保湿力を重視している基礎化粧品というイメージが強く、勝手にとろみ系の化粧水だと思ってました(笑

しかし、手に取ってみると、私の想像とは違い思ったほどとろみはなくさらっとタイプの化粧水です。

化粧水

一見、お水のような化粧水なのですが、肌につけるとじわーっとなじんでいってくれます。

これが肌なじみの良いヒト型セラミドパワー?

アルコール(エタノール)も不使用で低刺激になっています。
さらさらなので夏でも冬でも一年通してつけやすく、香りもないので使いやすいです!

その分、化粧水にもとろみのある重めのしっとり感を求めている人には物足りないかもしれませんが、さらっとして軽めのしっとり感があります!

セラミド不足の乾燥肌の人向けということですが、さらさらしているので、べたつきが苦手な混合肌の私もつかいやすかったです。

ヒフミド化粧水の特徴や使用感のまとめ

サラサラタイプの化粧水でクセがなくどんな肌質の人でもつけやすい。

香りがないので、匂いの苦手な人でも使いやすい。

肌とのなじみの良い「ヒト型セラミド」がⅠ・Ⅱ・Ⅲと3種も配合されている。

アルコール(エタノール)不使用、パラベン不使用、無香料、無着色。で肌への優しさも考えている化粧水。

コスパや値段は?

ヒフミドの化粧水の本品は、120mlと180mlの2種類あります。

1本で内容量120mlは、通常価格は3,000円(税抜)。
約1~1ヶ月半くらいもちます。

1ヶ月で計算すると、2,010円~3,000円くらい

1本で内容量180mlの方は、通常価格は4,300円(税抜)。
約1.5~2ヶ月くらいもちます。

1ヶ月で計算すると、2,160円~2,880円くらい

ヒト型セラミドはセラミドの中でも原価が高いらしく、ヒト型セラミドの化粧品って値段も高いものが多いですよね。

そう考えると、ヒト型セラミド配合の化粧水の中では、ヒフミドの化粧水は1ヶ月2,000円~3,000円くらいなのでコスパはよいですね。

【 ヒフミドの化粧水はこんな人におすすめ 】

化粧品の香りなどが苦手で、香りがない化粧水の方がいい人。

ナチュラルな肌にやさしいつけ心地の化粧水を探していた人。

肌の乾燥が気になり「ヒト型セラミド」配合の化粧水がいいなと思っていた人。

製薬会社のスキンケア化粧品が安心もありいいなと思う人。

ヒフミドの化粧水は、さらさらしているのでつけやすく、スッとなじんで肌のキメをととのえてくれます。

お肌にたっぷり水分補給な化粧水です!

ヒフミドのお試しセットの詳細はこちら 
>> ヒフミドトライアルセット

ヒフミドの保湿クリームを使ってみた記事はこちらです。

30代になると乾燥によるいろいろと肌トラブルも増えてきますよね。 中でも私たちの肌の内部にあるセラミドは、水分をたくわえたり、...
error: Content is protected !!