実は間違ってたかも?正しいクレンジングやメイク落としのやり方まとめ | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

実は間違ってたかも?正しいクレンジングやメイク落としのやり方まとめ

洗顔した女性のイラスト
クレンジングはいつもなにげなくしてしまっていますが、実は一番肌に負担がかかりやすく、気をつけなければならない注意ポイントがあったんです。

間違った方法でクレンジングしてしまうと、くすみ、シワ、色素沈着、ニキビ、乾燥などの原因にもなってしまうんだとか。

結構やりがちなのは、メイクが落ちないからとゴシゴシこすってしまうことですよね。

肌に負担が少なくかつメイクをきちんと落とせるポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

正しいクレンジングの方法

アイメイクや口紅などポイントメイクは先にを落とす

アイメイク落とす
落ちにくいアイメイクや口紅などは、ポイントメイク用のリムーバーなどで、コットンや綿棒に少量つけ先に落としておきましょう。

この時、ゴシゴシこすったりすると、摩擦で色素沈着などを起こしてくすみや黒ずみ、シワができやすくなったりので、やさしくふき取りましょう。

ポイントメイク用のリムーバーは界面活性剤が多く肌に負担がかかるので、ウォータープルーフの落ちにくいアイメイクや口紅のみに使用するのがおすすめです。

もし、ポイントメイクが落ちにくい場合は、使っているマスカラやアイライナーなどと同じメーカーのリムーバーを使ってみると落ちやすかったりしますよ。

手のひらにクレンジングを適量とる

クレンジング手のひら
クレンジングの適量は、使用しているクレンジングの使い方や使用方法を見て使うのがベストです。

クレンジングの量が少ないと手の摩擦がおきたり、メイクの汚れが落ちにくいためこすってしまう原因になるので、必ず書かれている量を守り使うほうが肌への負担が少なくなりいいですね。

皮脂の多い場所からなじませていく

洗顔する女性のイラスト
洗うときのポイントとしては、額 ⇒ 鼻 ⇒ あご ⇒ 頬と皮脂の分泌が多いところから、強くこすらずなじませていきます。

そして、皮膚の薄い目元や口元は、最後にやさしくなじませます。

私は今までてきとうにクレンジングをしていた時、よく考えると頬からおでこなど面積の大きい場所からメイク落としをつけていました。

クレンジングにも順番があるんですね。

洗浄力が強いクレンジングはマッサージなどして長く行ってしまうと、皮脂を取りすぎてしまうので、長い時間をかけすぎず1分以内で終わらせ、手早く済ませることもポイントです。

オイルやジェルクレンジングは乳化させながら落とす

オイルやジェルタイプのものは、少量ぬるま湯を含ませクレンジングを乳化(白く濁らせる)させなじませることで、メイクが落ち洗い流すときも簡単になります。

クレンジング手順
オイルやジェルのクレンジングをメイクとなじませます。

ここまでは一緒です!

クレンジング手順
ぬるま湯や水を1~2滴の少量加え、またなじませます。
すると、少しオイルやジェルが白っぽくなりメイクが落ちやすくなります。

この水と油の本来混ざらないものを混ぜ合わせることを「乳化(にゅうか)」と言います。

クレンジング手順
さらに、ぬるま湯や水を1~2滴の少量加えまたなじませることで、メイクもきれいに落ちてくれました。

この乳化を2~3回ほど繰り返すことで、メイクの油と水が上手く混ざり、汚れを落としつつすすいだ時に水と一緒に洗い流しやすくしてくれます。

そのため、オイルやジェルのクレンジングを使うときは、使い方の注意事項に書いてあると思いますが、乳化するとしないとでは洗い上がりが違うのでぜひ乳化してあげてください。

ぬるま湯ですすぐ

お湯ですすぐ
最後は、髪の生え際など洗い残しがないように、ぬるま湯ですすぎます。

この時もゴシゴシこすらず洗い流すようにしましょう。

まとめ

クレンジングのポイントは、

・ アイメイクや口紅など落ちにくいメイクは先に落としておく。

・ 摩擦によってくすみや黒ずみ、シワなどの原因になるので、ゴシゴシこすらない。

・ 必要な皮脂まで取り過ぎてしまうため、クレンジング剤でマッサージをしない。

・ 使用量は少なすぎず多すぎず適量使う。

クレンジングもメーカーや種類によって使い方は様々です。
使うときは、商品の説明をよく読んでから使いましょう。

クレンジングも奥深いですよね。

* 関連記事

>>お化粧をしないノーメイクの日でもクレンジングは必要?

>>安いのに優秀でメイク落ちがいいオイルクレンジング

>>混合肌でナチュラルメイクな人のクレンジングクリーム4選

スポンサーリンク
error: Content is protected !!