製薬会社のスキンケア化粧品のおすすめはどれ? | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

製薬会社のスキンケア化粧品のおすすめはどれ?

薬の研究をしている様子

化粧品は薬ではありませんが、製薬会社も化粧品をつくっているところもありますよね。

製薬会社の化粧品というとイメージとしては、

・ 薬の品質や安全をそのままに化粧品にもその技術をとり入れてそう。
・ 敏感肌でも低刺激で安心かな。

という感じがしますよね。

実際のところは、普通の化粧品メーカーさんでも製薬会社の化粧品でも、どちらも安全や安心にはこだわって開発・製造はされています。

しかし、どうしても製薬会社のスキンケアがいい。製薬会社の化粧品を探しているけれどどれがいいかわからない。ということもありますよね。

そこで今回まとめてみました。

私も実際に使ってみた製薬会社のスキンケアもあり、体験レビューも別ページにあるので購入の際の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

製薬会社のスキンケア化粧品

ノブ(NOV)

◎ 常盤(ときわ)薬品工業

・ 臨床皮膚医学に基づいてつくられたスキンケア。
・ 敏感肌のために生まれたブランドで低刺激性のこだわっている化粧品です。

ノブには、乾燥肌・敏感肌シリーズ、エイジングケアシリーズ、ニキビケアシリーズなど、肌悩みに合わせたシリーズがあり、それぞれお得なお試しセットもあります。

乾燥肌・敏感肌「ノブ Ⅲ」

詳細はこちら ノブlll トライアルセット

エイジングケアの「ノブ L&W シリーズ」

詳細はこちら ノブL&W トライアルセット

にきび肌用の「ノブ ACアクティブシリーズ」

詳細はこちら ノブ ACアクティブトライアルセット

ヒフミド(hifmid)

トライアルセット

◎ 小林製薬

・ 年齢とともに減ってしまう保水成分セラミドに着目した保湿スキンケア

・ 全品に、人の皮膚内にあるセラミドと同じ構造のセラミド「ヒト型セラミド」を配合。

*「ヒト型セラミド」は、保水力が高く、肌とのなじみや角質層への浸透もよいと言われている成分です。

美容関係のサイトや雑誌などをみていると、ときどき「ヒト型セラミド」という文字を見かけますよね。 「ヒト型セラミド」は私たちの肌にあ...

ビーケーエイジ(B.K.AGE)

スキンケア

◎ 持田製薬

B.K.AGEの意味は、
・ Bは敏感(びんかん)
・ Kは乾燥
・ AGEはエイジングケア

という意味で、敏感・乾燥・年齢肌のスキンケア化粧品です。

保水力の高いセラミド成分「ヒト型セラミド2・植物セラミド・アミノセラミド」と3種類配合。

さらに、肌あれ防止成分として「トラネキサム酸」が有効成分として配合した医薬部外品の化粧品です。

持田製薬という製薬会社が開発したデリケート肌の医薬部外品のスキンケア「B.K.AGE(ビーケーエイジ)」を使ってみました。

デルメッド(DERMED)

トライアルセット

◎ 三省(さんしょう)製薬

トータルエイジングケアブランドの「デルメッド」は、シミ・ハリの悩み対策のスキンケアです。

シミやハリ対策成分に「シャクヤクエキス」「ピュールブランW」「STミロバラン」を配合。

さらに、美白や抗酸化作用の成分として有効成分のビタミン誘導体の「ビタミンC・2-グルコシド」も配合された、美白とハリケアの医薬部外品のスキンケアです。

以前、新聞と一緒にデルメッドのリニューアルした新しい基礎化粧品の広告が入ってきました。 三省製薬株式会社という50年以上の歴史のあ...

ホワイトニングリフトケアジェル

シミウスジェル
◎ メビウス製薬

・ Grace&Lucere  Simius(グレイスアンドルケレ シミウス)「ホワイトニングリフトケアジェル」は、洗顔後はこれひとつでOKのオールインワンジェルです。

美白ケアとマッサージ、保湿ケアもできるスキンケア。

美白成分の「プラセンタエキス」と炎症をおさえる「グリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)」が有効成分として配合され、メラニンの生成を抑制しシミを予防してくれます。

シミってどうしてこう出てくるんでしょうかね。 顔の茶色いシミに気がついては、美白化粧品を使っています…。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!