30代の大人ニキビのケア方法!10代の思春期ニキビの違いは? | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

30代の大人ニキビのケア方法!10代の思春期ニキビの違いは?

ニキビに悩む女性

多くの人が悩まされる肌トラブルの「ニキビ」。

20代になると、「吹き出物」「大人ニキビ」「アダルトニキビ」なんて呼び方をされていますよね。

とくに中学生の頃は、オイリー肌だったためおでこのニキビを本気で悩んで、前髪を長くして隠したりしたりしてましたが、今考えればそれはよけい悪化させていただけなんですよね。

でも、その頃は大人になれば自然とニキビはできなくなるもんだと思ってました。

しかし、乾燥もする肌の30代になった今でも時々ニキビがぷっくりと赤く現れます!!

しかも治りにくいし、口元やおでこだったりと同じところに繰り返しできるんですよね。

スポンサーリンク

それぞれの特徴とケア方法

思春期ニキビの特徴とケア方法

思春期ニキビは、名前の通り思春期(10代ころくらいまで)のニキビのこと。
顔全体やとくに頬やおでこにできることが多いですよね。

この頃は、皮脂の分泌も盛んなため、毛穴に皮脂が詰まりやすなります。
そのたまった皮脂を栄養にニキビの原因のアクネ菌も発生しやすく、炎症を起こすことが原因ですね。

そのため、ケア方法は皮脂をためないように肌を清潔に保つため、朝と夜の1日2回の洗顔。

ニキビを治そうと1日に何回も洗顔をしてしまいたくなりますが、逆効果。

皮脂を取り過ぎてしまい、肌を保護する力がなくなってしまうので1日2回くらいにの洗顔にしておいた方がいいそうです。

また、ニキビが恥ずかしいからと、髪の毛で隠してしまうと髪がニキビにあたりよけい刺激して炎症を悪化させてしまうので、髪の毛が顔にかからないように気をつけましょう。

大人ニキビの特徴とケア方法

大人ニキビは、20代以降にできるニキビのこと。
皮脂の少ない口やあごのまわりにもできるし、皮脂の分泌が多いおでこなどによくできますよね。

私はこの前、目の脇のこめかみ部分にもできてました。
ニキビはどこでもできるんですね。

思春期ニキビと同じ、皮脂の分泌が多いことによるものもありますが、他にも生理前にできやすくなる女性ホルモンのバランスの乱れ、ストレス、食生活の乱れ、睡眠不足、便秘など原因は様々です。

オイリー肌の人でなくても乾燥肌の人もできやすく、「ニキビ=皮脂が多いからできる」と思い間違ったスキンケアをしてしまうと、よけい肌が乾燥しやすくなってしまい、大人ニキビのケアは難しいですよね。

大人ニキビは、まずは食べ物やストレス、睡眠などに気をつけること。

ポテトチップスなど油っぽい食べ物やチョコレートなどの甘いものの食べ過ぎには注意し、きちんとした食生活や睡眠もしっかりとることはやっぱり大事。

洗顔をした後は、そのまま何もつけないと肌の水分が蒸発し乾燥して角質が厚くなり、ニキビをつくる原因になってしまいます。

油分の少ない乳液や美容液、ジェルタイプのクリームなどで、保湿はしっかりしておくことも大切ですね。

* 大人ニキビに悩む女性のためのスキンケア。ラミューテ化粧品を使ってみた体験レポートはこちらです。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!