頬の辺りの薄いシミと乾燥しわを両方解消するおすすめの化粧品を教えて! | 30代悩める混合肌!オイリー乾燥肌の基礎化粧品お試し日記

頬の辺りの薄いシミと乾燥しわを両方解消するおすすめの化粧品を教えて!

すみれ花

30代になってくると、よーく鏡を見てみると頬に茶色っぽいものが!ほうれい線が!と、急に気になることがありますよね。

今まで気がつかなかったけど、よくみてみると茶色のぽつぽつと意外にいっぱいある!口元が乾燥してほうれい線がくっきり見える!とショックをうけることも。

30代は、20代の肌と違いシミやしわなどのだんだんできていますよね。

最初は薄っすらとした茶色のシミだったのが大きくなったり。

シワも最初はクリームをぬったりして保湿すれば戻ったのに、だんだんと深いシワになって戻らなくなってしまうのも。

できれば、早めにケアしてあげたいですよね。

シミや乾燥ジワの両方の悩みを同時にケアしてくれる化粧品はないものなのか?

しかもできたらコスパのよいものがいいですよね。

そこで、私が目をつけたのが化粧水、乳液、美容液、クリームなど1つでOKのオールインワンジェルでした。

今すぐ、知りたい方はこちらから

>>シミと乾燥ジワの両方の悩みをケアしてくれるオールインワンジェル

頬の茶色のぽつぽつの原因とケア

ターンオーバー

頬の茶色のポツポツのシミ。
シミの原因は、紫外線によるものが多いです。

頬は顔の中でも頬の上のあたりは高くなっているので、紫外線が当たりやすい部分でもありますよね。

そして、肌が乾燥してるとバリア機能が弱くなっているため、紫外線によるダメージを受けやすく、シミもできやすくなります。

紫外線によるシミは、紫外線から肌を守ろうとメラニンを作り出します。

メラニンと言えばシミのもとなるものですよね。

通常は、だんだんと新しい皮膚細胞がつくられ、その後、メラニンを含んだ古い皮膚細胞は垢(あか)となってはがれ落ちてしまうので、メラニンの色素も残りません。

しかし、年齢とともにだんだんとこのサイクルが遅くなってしまうので、メラニン色素がそのまま残ってしまい、茶色のシミになって残ってしまうんですよね。

とくに顔は目立つところだし、シミはできるとよけいに気になりますよね。

ケアの方法としては、日焼け止めなどの紫外線対策はもちろん最重要!

化粧品では、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、アルブチンなどの美白成分(メラニンの生成を抑制し、しみ、そばかすを防ぐ成分)が配合されているスキンケアがおすすめです。

乾燥によるシワの原因とケア

乾燥した実

乾燥によるシワの原因はもちろん肌が乾燥。
肌の水分が少なくなり乾燥しすぎて、そのままシワとして残ってしまうことです。

朝、洗顔してメイクをするとき、乾燥小じわがあるとファンデーションが入ってしまったりしてメイクしにくいですよね。

乾燥には保湿。

保湿成分と言えば、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどがよく知られていますよね。

シミ対策成分と乾燥対策成分が入った化粧品はたくさんあり、結局どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね…。

とくにこだわりがなければ、オールインワンタイプのスキンケアが簡単かもしれません。

化粧水、乳液、美容液、クリームなど1つになっているので、ひとつひとつ全部そろえるよりも価格も安くすみます。

また、忙しいときも1つでスキンケアがすむので簡単で、毎日のお手入れもしやすく続けやすいのがメリットです。

私が使ってみたシミ対策成分と乾燥対策成分が入ったオールインワン化粧品はこちらです。

error: Content is protected !!